science 位置エネルギーと運動エネルギーの和は等し

science 位置エネルギーと運動エネルギーの和は等し。位置エネルギーU=。位置エネルギーと運動エネルギーの和は等しくなる法則は science。どの位置に物体があっても。力学的エネルギー保存の法則より。位置エネルギー
+運動エネルギー=一定です。は。最初。運動エネルギーが0のときにその
物体が持っていた位置エネルギーと等しくなる」を活用します。仕事?エネルギーの定理。物体にされた仕事はその物体の運動エネルギーの変化分に等しい.これを仕事?
ニュートンの第二法則はであるから走る距離をとすると。 [
/__] [/__] と
なる.質量であるから。位置エネルギーと運動エネルギーの和は一定である
ことがわかる.力学この場合。系の運動エネルギーと位置エネルギー
またはポテンシャルエネルギーの和力学的エネルギーは一定である時間
によらない.

位置エネルギーと運動エネルギー。よって答えは倍となる。 運動エネルギー 運動エネルギー???運動している
動いている物体が持つエネルギー。単位は力学的エネルギー保存の法則。エネルギーというものは全体としては常に保存されていてエネルギー保存の
法則。摩擦エネルギーなどが発生しない特別の場合保存力のみがはたらく
場合。運動エネルギーと位置エネルギーの和力学的エネルギーが一定と
なる位置エネルギーと運動エネルギーの勉強ポイントと振り子問題の。位置エネルギーと運動エネルギーが移り変わっても。力学的エネルギーは一定で
あるというである。つまり。位置エネルギーと運動エネルギーの和は常に
等しい値となる。ということに

運動エネルギーと仕事の関係がよくわかりません。は「運動エネルギーの変化量」を表しており, これが物体にした仕事と等しくなる
のですよ。 アドバイス 簡単な例で

位置エネルギーU= -GMm/rです。しかし、ある位置に「マイナスの位置エネルギー」が、実際にあるのではありません。何故なら、実数の時空間の宇宙に「マイナスのエネルギー」は無いからです。運動エネルギーK=1/2mv^2です。マイナスのエネルギーが存在すると仮定します。このマイナスのエネルギーを物体Aが吸収すると運動エネルギーK=-1/2mv^2、v=√-2K/m=虚数です。そして、速度v=距離L÷時間tです。したがって、速度vが虚数なので、距離L又は時間tのいずれか一方が虚数です。したがって、マイナスのエネルギーを吸収した物体Aは、虚数空間か虚数時間へ消え去ってしまいます。実際には、この様なことは起こりません。この様に背理法より、命題「実数の時空間の宇宙にマイナスのエネルギーはない」が証明されました。では、「位置エネルギー」とは何でしょうか。それは、『位置エネルギーは、落下による運動エネルギーの増減を求めるため、人がある位置に付けた値』です。そのことを説明します。落下速度は時間に比例「V=gt」します。しかし、落下に伴い物体の位置が地球の質量に近づくため、重力加速度gも変化します。速度v=加速度a×時間tです。故に落下速度を求めるには、全ての時間tにおける変化する重力加速度gを合計しなければなりません。つまり、変化する重力加速度gを時間tの関数で表現し、それを時間tで積分します。即ちVt=∫grdtです。しかし、時間と共に変化する重力加速度gを時間tの関数で表現することは大変困難です。そこで、先人は「エネルギー」を用いることを考案しました。地球に無限遠から質量mを落下させます。するとそれぞれの位置xでの質量mの落下速度が出ます。それぞれの位置xの落下速度より、その位置xでの物体の運動エネルギーK=1/2mv^2が特定されます。つまりX1の運動エネルギーK1=1/2mv^2X2の運動エネルギーK2=1/2mv’^2です。故に、X1からX2に落下すると「K2-K1=1/2mv’^2-v^2」運動エネルギーが増加します。逆にX2からX1へ上昇すると「K1-K2=1/2mv^2-v’^2」運動エネルギーが減少します。ですから、無限遠から落下する物体のそれぞれの位置の運動エネルギーKが求まれば、ある位置xにおける落下速度が求まります。例えば、位置X1で速度vで落下する物体が位置X2に来た時増加する運動エネルギーK=1/2mv’^2-v^2なのでX2の位置での物体の運動エネルギーK=1/2mv^2+1/2mv’^2-v^2=1/2mv’^2です。∴落下速度=v’です。また、位置X2で速度v’で上昇する物体が位置X1に来た時減少する運動エネルギーK=1/2mv^2-v’^2なのでX1の位置での物体の運動エネルギーK=1/2mv’^2+1/2mv^2-v’^2=1/2mv^2です。∴落下速度=vです。この様に、ある位置xでの落下速度を求めるには、無限遠から落下する質量mのそれぞれの位置における運動エネルギーKが求まれば良いのです。そして、エネルギーE=力×距離です。つまり、無限遠からrまでそれぞれの位置における重力を合計すれば、質量からr離れた位置xにおける運動エネルギーKを求めることが出来ます。つまり、無限遠からrまで重力を距離rで定積分すれば良いのです。万有引力F=GMm/r^2なので無限遠からrまで落下した時の物体の運動エネルギーK=∫Fdr = ∫GMm/r^2 dr 積分範囲:∞→r=GMm/r – 0=GMm/rです。これで、位置X1質量からの距離=r1で速度vで落下する物体が位置X2質量からの距離=r2に来た時増加する運動エネルギーK= GMm/r2- GMm/r1なのでX2の位置での物体の運動エネルギーK=1/2mv^2+GMm/r2- GMm/r1=1/2mv’^2です。GMm/r2とGMm/r1とmは数値なので、これで位置X2における落下速度v’が求まります。また、位置X2質量からの距離=r2で速度vで上昇する物体が位置X1質量からの距離=r1に来た時減少する運動エネルギーK= GMm/r1- GMm/r2なのでX1の位置での物体の運動エネルギーK=1/2mv’^2+GMm/r1- GMm/r2=1/2mv^2です。これで、位置X1における落下速度vが求まります。ですから位置X1の位置エネルギーU1= -GMm/r1位置X2の位置エネルギーU2= -GMm/r2と数式上仮設します。すると位置X1からX2に移動した時増加する運動エネルギーK= -GMm/r1–GMm/r2= -GMm/r1+GMm/r2位置X2からX1に移動した時減少する運動エネルギーK= -GMm/r2–GMm/r1= GMm/r1-GMm/r2と簡単に計算できます。これで、困難な積分計算をしなくても、簡単に各位置xにおける落下速度を計算できます。この様に、位置xにマイナスのエネルギーが現実にあるのではなくて、マイナスの位置エネルギーUはある位置xからある位置x’へ移動した時増減する運動エネルギーKを算出するための数学上の仮設です。即ち、位置エネルギーUは、位置X1から位置X2に移動すると、その物体の運動エネルギーKが「-GMm/r1+GMm/r2」だけ増減することを表現するための数式上の記号です。位置エネルギー-100から位置エネルギー-10に移動するとエネルギーが90増えるのは、重力により落下速度が速まったので、運動エネルギーが90増加したからです。決して、マイナスのエネルギーが減少しプラスのエネルギーが発生したのではありません。このように、エネルギーの源は重力です。重力が物体の運動エネルギーKを変化させているのです。決して、ある位置xにマイナスの位置エネルギーUが存在するのではありません。重力がなくなれば、位置エネルギーU=0になるのですから、位置xには何もなかったことが分かります。在ったのは、質量がある場所の「プラスの重力エネルギー」のみです。このことからも、位置エネルギーUは「数学上の技巧」であり、運動エネルギーの増減を求めるためにある位置に付けた「数式上の値又は記号」であることが理解できると考えます。ここでプランク質量mp同士が、プランク距離lp離れてあるケースの位置エネルギーを計算してみます。プランク長の超ひもが振動している粒子は、プランク距離より近づけません 。ここから、片方のプランク質量を無限遠に移動させるのに必要なエネルギーを計算します。万有引力F=GMm/r^2です。rが増える方向を正とするので万有引力F=-GMm/r^2です。そして、プランク質量mp同士なので万有引力F=-Gmp^2/r^2です。力を距離で積分する全ての位置の力を合計するとエネルギーになります。ですから片方のプランク質量mpをプランク距離lpから無限遠に移動させた時減少する運動エネルギーE=∫-Gmp^2/r^2dr積分範囲:lp→∞=-Gmp^2∫1/r^2dr積分範囲:lp→∞=-Gmp^2[1/-1 r^-1] lp~∞=Gmp^2[ r^-1] lp~∞= Gmp^2/∞- Gmp^2/lp=0- Gmp^2/lp=- Gmp^2/lp=-G×{√?c/G}^2÷√?G/c^3=-√?c^5/G=マイナスプランクエネルギー=①です。そして、プランク質量mpからプランク距離lpの位置にあるプランク質量mpの位置エネルギーU=-Gmp^2/lp=-√?c^5/G=マイナスプランクエネルギー=②です。このように①=②です。この様に、プランク距離lpから無限遠にプランク質量mpを移動させるには、運動エネルギーが位置エネルギーUだけ減少するので、位置エネルギーUはマイナスです。下記ホームページを参照ください。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です