2030年になる前に 何年後位経てば日本の自動車メーカー

2030年になる前に 何年後位経てば日本の自動車メーカー。スバルは危ういね。何年後位経てば日本の自動車メーカーは経営破綻
そして破産して潰れる様になるの 例えばトヨタ?日産?ホンダ?スバル?マツダ
三菱?スズキ?ダイハツの日本の自動車メーカーは
何時に成れば経営破綻or破産する様になるの
あと日本の自動車メーカーは何時に成れば
中国と韓国の自動車メーカーに買収されて
子会社or傘下orグループ企業に入るでしょうか
何時に成れば中韓の自動車メーカーに乗っ取られるの
最近の日本車はデザインが詰まらない値段が高額って
言われているけど一方で中韓の自動車メーカーは
デザインも良くなっているし性能も凄くいいし
中韓の自動車メーカーは海外の発展途上国だけでなく
欧米先進国も売れていますし進出してますよ
日本車メーカーはその内に海外で売れなくなり
逆に中韓などの安いアジア製の自動車メーカーが
日本に入って来て売れる様になったら
日本の自動車メーカーと日本の自動車産業はオワコンだね
日本の自動車産業は既にオワコンですよね
米国と欧州の自動車メーカーと同じ結果になるよね
同じ道を歩む羽目になるんだろうね
安いトヨタや日産などの日本車メーカーは
隣のアジア車メーカーに追い抜かれ追い越されて
世界の自動車市場を奪われて日本の市場まで奪われて
もう日本の自動車産業はオワコンだね
或いは中韓などのアジア系自動車メーカーに
買収されて乗っ取られて傘下or子会社orグループ企業に
なっていくだろうね
その内に日本の消費者(ユーザー)は中韓車を
生活の足車として使うようになるだろうね 日々積み重ねて成就した不朽の記録。そんなクルマだけにカローラは。日本国内の登録車販売台数では年から
年まで年連続位という今後破られないであろう記録を樹立している。
カローラが売れる理由は豊富なボディタイプに代表されるユーザー

GMゼネラルモーターズ①世界一の自動車メーカーだったが。アメリカ最大手のGMゼネラルモーターズは。生産台数世界1位の座に君臨
した自動車メーカー。近年はトヨタと収益が激減。アメリカ政府の介入も
むなしく経営破綻に追い込まれたGMは。2009年に「連邦倒産法第章※
①」を適用されることになったのだ。債務者自らが債務整理案を作成し。
債務者主導の再建が可能であるという点で。日本でいう民事再生法に相当する。
リーマン2030年になる前に。社会視点, このままでは。年までに日本の国債は信用を失い。暴落します。
まず大前提からお話ししますが。年の仕事については「国家財政の破綻」
を抜きにして語っても意味がないと思います最も困るのは公務員と銀行員。
そして高齢者です長い間。公務員は一番人気の仕事でしたが。破綻後は一気に
その地位から転落するのではないかと思います。その筆頭は自動車メーカー
です。

株式会社日本航空の経営破綻と再建に関する一考察。経営破 綻は債務超過や資金繰りの悪化が直接的な契機となるが。そうした財務
状況を引き起こす背景要 因がある。 本稿は。日本航空の経営破綻について。
これを政治の介入。すなわち「規制の政治化」とレント? シーキングそして
。年9月日に株式の再上場を果たしたのだわけ形式的にアメーバ経営
を理解しようとする経営陣には「形じゃなく中身が大事なんだ!」と口これに
対して日産自動車株式会社は違っていた。年月。東京都内のホテルで
ゴーン社日産もトヨタもベスト10圏外へ?世界の電気自動車プラグイン車。まず。年月の世界グローバルでのメーカー別プラグイン車販売台数
ランキングがこちらです。日本は自動車大国とされていますが。国内市場は
縮小気味。年もすればことによると数年後かもにはことに欧州や中国で
主流になるであろうそして。日本の自動車メーカーが電気自動車に本気で
取り組んでくれることを祈っています。電気自動車の充電スポットは混雑し
ていて。待たなきゃなんない?旅雑誌などを経て『週刊!

日本の自動車メーカーで歴史が古いのはどこ。日本の自動車メーカーは。その歴史が年を超える企業も少なくない。日野
。ガス?電気事業者をルーツに。いすゞと同じ自動車メーカーを経て独立など
も含めて四輪車の開発を始めた時期自動車製造の創業が早い順。そして現在
の社名になって最も時間が経ってそれが略されてダイハツと呼ばれるように
なり。発動機製造自身も年後の年月には改称し。ダイハツここ20年で消えた有名自動車ブランド11。そして意に反して。たくさんの優れた車とその象徴的なブランドが。わずか年
で消えてしまった。アメリカを象徴する社は。倒産後の歩みで大きな違いを
見せた。クライスラーの経営権は。全米自動車労働組合とイタリアの自動車
メーカー。フィアットに移った。は年にが億ドルを出資。年に
完全子会社化した。年のの再建手続きを経て。その後。経営権は

スバルは危ういね。でも韓国のメーカーはもっと危ういって知らないのか?人件費は韓国の方が高い安い車作れない韓国メーカーに何の付加価値が付けられるの?製造業は、韓国から逃げ出すだろう次にチャイナリスクって知ってるか?時流はインドに向かって流れてるんだよ韓国と中国は、技術力が上がる前に終わってしまうこれから危険なのがインドのメーカーだジャガーだってタタが配下に納めている。15年くらいですね。既に日本の主要自動車メーカーはEV開発で中国に大きく遅れをとっているため、将来的に市場で大きく淘汰されることになります。まあ韓国の自動車は全く振るっていませんが。キムチを食べ過ぎてとうとう頭がおかしくなりましたね。まず国内では、韓国最大手の現代が日本に輸入子会社と取り扱いディーラーを作り、売ってましたが、全く売れずに撤退しましたね。韓国でなくても、アメリカのサターンも安さを武器に日本に参入しましたが、売れずに撤退。結局、我が国では、安かろうだけでは車は売れないのですよ。少し高くても品質が良くて、信頼性の高いブランドが売れますから、ただでさえ中国製や韓国製に良いイメージがない日本人は、安いだけで中国製や韓国製の車は売れません。インドのタタの傘下に入ったジャガーも我が国ではあくまでもイギリス車のブランドとして、中国の吉利の傘下に入ったボルボもあくまでもスウェーデン車のブランドとしての認知が強いからまだ売れているわけですね。海外でも中国や韓国の車は安いから売れてるかもしれないですが、信頼性や耐久性の面を含めてのコストパフォーマンスは、まだ日本車に分がありますね。信頼性やブランドランキングを見ても中国や韓国のブランドより日本のブランドの方がはるかに高いですよ。まあ、だいたい韓国はようやく日本やヨーロッパやアメリカのノックダウンから自国のオリジナルの車になってきたばかりだし、中国は日本や欧米メーカーとの合弁事業かただのデザインのパクリでしょう。そう考えるとまだまだですよ。だいたい、自動車産業がメインとなっている我が国で、例えばスバルやマツダ程度のメーカーはともかく、トヨタが倒産の危機になったら、それこそ我が国の経済がひっくり返り、大不況で失業者も溢れかえり、経済破綻や場合によっては、治安が悪化して、我が国の存亡に関わるから、政府が身体を張ってでも自動車産業を保護するかもしれないですね。トヨタが倒産となれば、我が国だけでなく、もしかしたら世界的な経済不況になり、企業規模を考えるとリーマンショックを超えるかもしれないですからね。中国の自動車を先進諸国で売ってますかね模倣したり30年前の型をノックダウンして作り続けたり、輸出は無理なのではないかな自国民が買うならそこそこ商売になるだろうけど韓国車が売れているのは安いから残念ながら日本車が売れているのも安いから日本メーカーは淘汰されることはあっても、無くなりませんよイギリスメーカーみたいにはならない100年たってもそんな妄想は実現しませんよつか、中国はともかく韓国なんて後何年持つかってレベルだしね

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です