飼育ガイド オオクワガタの現在の状態について教えていただ

飼育ガイド オオクワガタの現在の状態について教えていただ。うーん、何とも言えないところですが、越冬前に充分に餌が摂取出来なければ越冬中に落ちることはままありますね。オオクワガタの現在の状態について教えていただきたいです

今年の春に羽化したオオクワガタのペアを玄関で飼育しています
夏の間は活発に動いていましたが10月末頃からあまり見かけなく なったので、越冬用にマットを増やしました

ところが先週、今季初めて廊下のドアを閉めてエアコン暖房をつけたのですが、オスのオオクワちゃんが寝ぼけたような様子でふらふらと出てきてしまいました…
玄関なのでそこまで温度は上がらないだろうと油断していたのですが、思いのほか廊下も暖まってしまったようです
(さすがに20℃とかにはなっていないと思います)

その時オオクワちゃんが舌を出していたのですが、一向にゼリーまで向かわずケース側面に向かって立ったままふらふらと足をゆっくり動かしているだけでした

寒さで動きが鈍っているだけかも 冬はエサをあまり食べないみたいだし…と思いそのまま様子を見ていたのですが、今日見たらその姿勢のまま倒れて、ゆっくり足を動かすだけになってしまいました

冬の仮死状態かと思ったのですが、舌を出したままだったので割り箸でアゴを持ってみると挟んできませんでした
(関節はプラプラしていない)
起き上がらせてみたらのっそりと歩いてから、うつ伏せで止まっています
念のため濡らした綿棒を舌に当てましたが、舌を動かしません

これは仮死状態なのでしょうか
それとも弱っている状態なのでしょうか
できるだけの事をしてあげたいので、アドバイスをいただけましたら幸いです
どうぞよろしくお願いいたします オオクワガタの現在の状態について教えていただきたいですの画像。

飼育ガイド。ここでは。これからクワガタ飼育を始められる方を念頭に。初歩的なところから
オオクワガタの飼育方法について解説いたします。で。少しぐらいの餌切れで
死んでしまったりすることはありませんが。やはり飼う以上。長生きしてもらい
たいものです。特に初心者の方は。こうすることで回収間際に産卵されたもの
も孵化して幼虫になった状態で取り出すことができます。現在。オオクワガタ
をはじめとするほとんどのクワガタは。この菌糸ビン飼育が主流となっています
。ゼロからはじめる巨大オオクワガタの育て方。そのほか?大きな音や振動のないところでの飼育を心がけてください。 私が使って
いる菌糸ビンのメーカーはポットです。 だいぶ以前?若令幼虫には麦芽を粉砕
したものなど

オオクワガタって冬眠するの。ここではオオクワガタの冬眠についての知識。準備や方法についてご紹介します
。オオクワガタの冬眠についてですが。クワガタの場合には冬眠とは言わずに
「越冬」と言います。逆にずっとマットに潜っているようでしたら冬眠状態に
はいっています。元気に冬を越させてあげたいですね?オオクワガタの産卵方法初心者必見。※幼虫の大きさ初令?令?令について詳しくはこちらのページをご参考
ください。 ドライバーで幼虫を傷つけないように慎重に割っていきましょう。
幼虫は孵化したばかりの小さい初令の場合。菌糸ビンくわかぶプラネット。愛知県知立市の昆虫ショップ『くわかぶプラネット』クワガタ?カブトムシ生体
。標本。飼育用品販売専門店マグダレインについては現在。確認中のためご
希望の方はお問い合わせください。 アローマグダレイン 中国 雲南省大理市

クワガタ成虫飼育のよくある質問。クワガタの成虫の飼育に関する良くある質問と回答のコーナーです。-繁殖品
と天然採集品の違いについて教えてください -累代○の数字と。気温
が低くなった為。気温が低いと休眠冬眠状態になりますが問題は御座いません。クワガタムシが動かない死んだふりの訳。そうして落下した後は丸まった状態でしばらく死んだふりをして動かず。敵から
の発見を遅らせます。 人間がクワガタコストがかかるので。できたら。
もう少しお金がかからない方法があれば。教えて頂けたらありがたいです。
年月羽化ならば。今現在で羽化からか月ですので。寿命的に言えばまだ全然
弱ってくる頃ではないとは思います。こちらに写真を貼って確認いただきたい
のですがやり方が分からないのでまた調べて見ようかと思います_ _

うーん、何とも言えないところですが、越冬前に充分に餌が摂取出来なければ越冬中に落ちることはままありますね。気温変化低下で越冬に入るのは分かっているのですから、それまでに高タンパクゼリーなどでしっかり栄養を取らせてやるのがそもそもの重要な対策だったりします。まあ、それを今言ったところで仕方ないので、今出来そうな事と言えば暖房を利かせた部屋に一旦移動させて活性をあげてみてはいかがでしょうか。おそらく一時的に気温が上がったことでマット上に出てきてしまったのだと思いますし、弱っているのでなければ気温さえ上げてやれば普通に活動を始めるはずです。そうすればゼリーも食べるでしょうし、2~3個ぐらい平らげればひとまず越冬には充分かと思います。越冬に必要な餌の量がどれだけなのかは統計などは無いはずなので、正確な所は分かりません弱っていれば気温を上げた所で状況は変わらないでしょう。ただ、餌さえ摂取させれば復活する可能性はあると思います。口唇舌に直接当たるようにゼリーを持って行ってあげて、口唇が動くようなら食べると思います。動かなければ多分アウトですね。結局、ご質問の状況に至った原因は推測するしかなく、しかも推測を実証することはほとんど出来ないわけです。ですので、仮にその個体が助からなかったとしても、どうか気落ちなさいませんように。昆虫飼育というのは、こうした様々な結果と、その対策の積み重ねで経験値と精度を上げていくしかないので、どのような結果になったとしてもこの経験を次に生かすことしか出来ないのですから。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です