護衛艦かが 海上自衛隊でいずも型護衛艦の『いずも』『かが

護衛艦かが 海上自衛隊でいずも型護衛艦の『いずも』『かが。F-35は機体もパイロットも空自所属なので当然本土防空に使用されるはずです那覇から宮古まで往復1時間かかります周辺には戦闘機が使える空港は下地島など1,2箇所しかないですしかも基地機能はありませんし、滑走路に一発爆弾を喰らったら使用不能になりますF-35Bであれば飛行場がある所であれば離島などでも、どこでも離着陸できる場所がありますいずもなどに着艦できれば、燃料などの補給も容易です因みに、F-35Bは空自所属で、常時搭載もしませんそのような状態で空母的な運用は不可能ですいずもはせいぜい洋上のガソリンスタンド程度の働きしか出来ませんですから、現状、基地群の手薄な南西諸島での戦闘機の運用に幅が出るというのがF-35Bの導入の目的でしょうそれでさえ野党などが大騒ぎして反対しているくらいですから強襲揚陸艦など持てば、侵略兵器などと大騒ぎになると思います憲法改正でもしなければ無理でしょう「おおすみ」型の後継は強襲揚陸艦ですよ。海上自衛隊で、いずも型護衛艦の『いずも』『かが』を戦闘機が発着艦できるように改造することが決まっていますが、いずも型護衛艦はそのまま対潜戦闘重視にして、新しく強襲揚陸艦を作った方が良くないですか もちろんお金はかかるし、人員が足りないという問題はありますが

あと、F 35Bは何のために配備するのでしょうか

機関砲も積んでいないし、ステルス性重視で兵器をパイロンに付けない状態で出撃しても、搭載兵装が少なくてあまり近接航空支援の効果は期待できそうにないですが

敵(中国やロシア)が攻撃してこないと反撃できないならステルス性必要ですかね

つまりF 35が撃墜されているって事ですよね

そんな近くで交戦するならF 35では不利ですし、ステルスは先制発見?先制攻撃が最も効果的です

F 22もそういう思想の元作られたわけですよね

憲法9条が改正されていない、自衛隊法も改正されていない現状では高すぎる買い物のように思えますが

あとは、F 35は問題点が多数あるようですが、大丈夫なんですか とくにF 35Bは期待寿命が当初想定されていたよりも相当短くなるようですが 護衛艦「いずも」。事実上の空母に改修される海上自衛隊最大の「いずも」型護衛艦をめぐり。日本
側が今年3月。米軍首脳に対し。米軍機が先行利用する見通しを伝えていたこと
がわかった。航空自衛隊への戦闘機F35Bの配備に先立っ…

防衛省?自衛隊。解説>「いずも」型護衛艦の改修について 近年。諸外国の航空戦力の近代化が
著しい状況にあり。また。わが国の南西諸島の列島線を超えて。太平洋側に進出
する戦闘機や爆撃機の飛行が増加するなど太平洋の空域における軍用機の活動が海上自衛隊「悲願の空母」になる「いずも」の実力伊藤。具体的には年度から始まる新しい中期防衛力整備計画の中で。「いずも」型
番艦「いずも」。番艦「かが」を戦闘機の発着が可能なものに改修する。
という話である。 一部メディアでは。改修後に空母となる「いずも」型が。米製
の海上自衛隊「空母」型護衛艦いずも。広い飛行甲板を備える海上自衛隊最大のヘリコプター搭載護衛艦「いずも」
全長248メートル。1万9950トンが13日。横須賀基地神奈川県で
報道陣に公開された。昨年閣議決定された新防衛大綱で事実上。最新鋭ステルス
戦闘機

海自いずも型護衛艦「艦首改造」に予算。防衛省は水に発表した令和年度予算の概算要求
において。海上自衛隊のいずも型ヘリコプター搭載護衛艦「かが」に。短距離
離陸/垂直着陸型である-戦闘機の運用能力を与える海上自衛隊でいずも型護衛艦の『いずも』『かが』を戦闘機をすべて見る2件。名実ともに「空母」へ。いずも」は。短距離離陸垂直着陸ステルス戦闘機-を搭載する航空母艦への
改修が決まっている。『空母いずも』を作るのだ。ただし。海自は『空母』とは
呼ばないだろう。現在の「いずも」や「ひゅうが」は艦型や機能護衛艦「かが」。その中で注目されるのが。ヘリコプター搭載護衛艦「かが」に最新鋭ステルス
戦闘機を搭載できるよう。改修防衛省によると。海上自衛隊史上最大の
艦艇であるいずも型護衛艦の「いずも」と「かが」の改修は。年に

F-35は機体もパイロットも空自所属なので当然本土防空に使用されるはずです那覇から宮古まで往復1時間かかります周辺には戦闘機が使える空港は下地島など1,2箇所しかないですしかも基地機能はありませんし、滑走路に一発爆弾を喰らったら使用不能になりますF-35Bであれば飛行場がある所であれば離島などでも、どこでも離着陸できる場所がありますいずもなどに着艦できれば、燃料などの補給も容易です因みに、F-35Bは空自所属で、常時搭載もしませんそのような状態で空母的な運用は不可能ですいずもはせいぜい洋上のガソリンスタンド程度の働きしか出来ませんですから、現状、基地群の手薄な南西諸島での戦闘機の運用に幅が出るというのがF-35Bの導入の目的でしょうそれでさえ野党などが大騒ぎして反対しているくらいですから強襲揚陸艦など持てば、侵略兵器などと大騒ぎになると思います憲法改正でもしなければ無理でしょう「おおすみ」型の後継は強襲揚陸艦ですよ。情報収集をしないから、無駄に長い書き込みをする。防衛省の平成27年度の概算要求に水陸両用作戦等における指揮統制?大規模輸送?航空運用能力を兼ね備えた多機能艦艇の在り方について検討するための海外調査5百万円ってのが計上されていたのですが、ようするに、海外の強襲揚陸艦を調査する費用。アメリカワスプ級、アメリカ級ただし日本向けにはオーバースペックフランスミストラル級実際にミストラル級「ディクスミュード」が来航した際に、共同訓練を実施している。オーストラリアキャンベラ級スペインの「ファン?カルロス1世」の準同型艦で、F-35Bの運用を想定した設計になっている。イタリアトリエステ今年、進水したばかりなので、対象外なはずただし、F-35Bの運用は想定した設計になっているはず。イタリアは、これとは別に軽空母「カヴール」でF-35Bを運用予定いずも型の?空母化?は????????海軍と同じで↓ほぼこれが目的?米空母と海自?共同作戦?も↓米海軍????集団的自衛権行使に期待 ※ 海自が米空母を中心とする艦隊に加わり共同作戦が可能↑相互運用性を高める?オーストラリア海軍は↓揚陸艦の甲板を“米軍に貸す”戦略か?東アジアで?F-35Bを運用することに成っているのは?佐世保に配備されているWASP1隻のみ。いざという時に敵の攻撃等で?WASPが大破したり?甲板が傾いたらどうなるか。飛んでいるF-35BがWASPに戻れなく成るのは?間違いない。だから海上自衛隊にF-35Bが着艦して?燃料補給して?岩国や他の地上基地にまで戻れるようにすれば?米軍にとって助かるだろうし?それは?いざという場合の日本の安全保障にも繋がる。???????海軍は?全長230mのキャンベラ級強襲揚陸艦2隻を運用している。豪軍としての艦載機はヘリコプターだけで?豪軍自身には?洋上から運用するF-35B?F-35Cステルス戦闘機は存在しないし?導入する計画もない。それであるにも関わらず?キャンベラ級には?F-35Bの運用に最適な?斜めの勾配=スキージャンプ甲板が備え付けられている。だが?この甲板は?ヘリコプターの発着艦に使えるスペースを小さくしているので?複数のヘリコプターの運用には?決して適しているとは言えない。敢えて?そんな構造の甲板を持つことによって?豪軍は?米国の様な同盟国に甲板を利用させるつもりだろうという見方がある。元々↓?いずも型?の飛行甲板は”エポクゾ耐熱処理済み” F-35B???? 15.4m×10.67m:最大離陸重量?27.2 t? いずもの???????????は?20m×13m:耐荷重 ?30 t?第1?第2格納庫および飛行整備庫は↑合わせて長さ125m×幅21mの?????が確保され?元々”飛行甲板が??????耐熱処理済み”なのが分かる? ?ひゅうが?で発着艦した????????の最大離陸重量は?27.4 t?だがF-35Bの最大離陸重量は?27.2 t?で???????より軽く小さい?DDH?ひゅうが?の↓??????発着艦訓練:動画?いずも?とWASPは↓ほぼ飛行甲板の長さが同じ?>いずも型護衛艦はそのまま対潜戦闘重視にして、新しく強襲揚陸艦を作った方が良くないですか?もちろんお金はかかるし、人員が足りないという問題はありますが。別に空母化すると自衛隊が言ってるわけじゃないです。「F35Bを搭載可能なように改造する」だけで、常時積むとも空母に艦種?任務変更するとも言ってません>F-35Bは何のために配備するのでしょうか?艦載運用できる戦闘機と言えば現実的な話はこの機種しかないからです。A型が先行配備されているため設備や訓練などの一部が共用でき、”必要なら”艦載あるいは艦上を中継点としての運用を行う。戦略的な意図は不明ですが、戦術的な話であれば前線近くの海域にいずも型を配置して補給可能にすることで作戦空域の拡大あるいは作戦時間の延長ということです機関砲はオプションとして装備できるのでスクランブルに対応できないという事はありませんが、艦載機は基本的にスクランブル任務には就きません。陸上機或いは陸上配備機が担当します搭載量も、ステルスを必要としない任務であれば機外装備で従来機並みの対地対艦装備が可能です。どのみちマルチロール機といえども空戦しながら爆撃なんてしません。敵の航空戦力が頻繁に出てくるような局面では空戦装備、排除が済んだ局面では機外装備で対応することになるでしょう>敵中国やロシアが攻撃してこないと反撃できないならステルス性必要ですかね?これはよく聞く専守防衛に関しての誤認です。先に撃たれないと反撃できないのは戦略レベル、つまり国や自衛隊上層部の判断根拠として交戦するなしないかを決める際には「先に攻撃があれば」その判断が容易に説得力を持つからという事に過ぎず、現実には敵の攻撃意図があきらかで、国や自衛隊上層部が交戦を許可した時点でこちらからの攻撃が認められます。近年の例だと、北朝鮮のミサイル実験では発射前から自衛隊のイージス艦に破壊措置命令が出されていました。つまり、敵国がミサイルをまだ撃っていなくとも、日本に落ちてきたり被害が出るようであれば攻撃するように指示可能だったということです>F-35は問題点が多数あるようですが、大丈夫なんですか?こればかりは公開されている情報が少なすぎるため、よほど楽天的な連中でもない限り何とも言えません。すぐにわかる致命的な問題があればさすがに解決していると思いますし、すぐにはわからない致命的な問題は隠されるであろうからです。ただ、F35はアメリカとその他の国で数千機の配備を予定しているため、安全保障面でも商売の観点からも問題は解消していくとは思われます。価格については高騰しましたが、現代戦闘機で中露の配備する次世代機に対して劣るような安物を買っても国防にならないので、仮想敵が彼らである以上は他に選択肢がないでしょう海上自衛隊で、いずも型護衛艦の『いずも』『かが』を戦闘機が発着艦できるように改造することが決まっていますが、いずも型護衛艦はそのまま対潜戦闘重視にして、新しく強襲揚陸艦を作った方が良くないですか? もちろんお金はかかるし、人員が足りないという問題はありますが。あと、F-35Bは何のために配備するのでしょうか?機関砲も積んでいないし、ステルス性重視で兵器をパイロンに付けない状態で出撃しても、搭載兵装が少なくてあまり近接航空支援の効果は期待できそうにないですが。そんな近くで交戦するならF-35では不利ですし、ステルスは先制発見?先制攻撃が最も効果的です。←質問者様の主張に全面的に同意します。敵中国やロシアが攻撃してこないと反撃できないならステルス性必要ですかね?つまりF-35が撃墜されているって事ですよね?そんな近くで交戦するならF-35では不利ですし、ステルスは先制発見?先制攻撃が最も効果的です。F-22もそういう思想の元作られたわけですよね?←確かにf35はドッグファイトでは圧倒的に不利ですが、今後ステルス機は前線での「目」の役割を担い、後方からの長距離ミサイル射撃を誘導する任を担うことになります。その意味で言えば、f35は自衛以外の攻撃兵装を持たなくても良いといえます。憲法9条が改正されていない、自衛隊法も改正されていない現状では高すぎる買い物のように思えますが。←f4の後継機としては時期的にこれしかないでしょう。f15cの後継機としては、割高ですが、f22の再生産版でも仕方ないかと考えます。あとは、F-35は問題点が多数あるようですが、大丈夫なんですか?とくにF-35Bは期待寿命が当初想定されていたよりも相当短くなるようですが。←F-35Bの購入は、問題が解決されるまで先送りするべきだと考えます。>「敵中国やロシアが攻撃してこないと反撃できないならステルス性必要ですかね?」平時のルールを戦時に適用して考えてますね。いったん開戦すれば、誰何や警告なしに敵機を撃墜する事になります。敵も味方もステルス性を備えた機体で遠方から対空ミサイルを撃ち合う事になります。>「憲法9条が改正されていない、自衛隊法も改正されていない現状では」憲法改正は今後もハードルが高いでしょうが、既に自衛隊法は野党の同意もあって改正されて、北朝鮮のミサイルが日本本土に落ちてくる前に政治家の同意を得ずに自衛隊独自で迎撃発砲する事が合法になっています。今後、外国の脅威が高まれば同様に自衛隊法は必要に応じて改正されるでしょうね。>「新しく強襲揚陸艦を作った方が良くないですか?」自衛隊員が定数割れで、乗組員がいないのにハコモノだけ作っても無意味でムダです。また、強襲揚陸艦は両用作戦に用いる船ですが、想定される状況では航空優勢も制海権も自衛隊だけでは確保できそうにありません。ぶっちゃけ、陸自の水陸機動団は尖閣で島嶼部奪還作戦を実施するつもりのように感じられるのですが、旧陸軍が制海権が無くても戦えるって豪語して大量の飢死兵を出した教訓を無視してデタラメな敵前上陸を考えてるようで危ういですね。海自は、航空優勢も制海権も確保できないなら強襲揚陸なんて夢物語だと判断しているのでしょう。対艦ミサイル2発で沈められるのが目に見えています。>「F-22もそういう思想の元作られたわけですよね?」F-22は、敵機がレーダー波を発信してくれる前提で作られました。そして現実の空戦では、ステルス機を相手にレーダー波を放つ敵機なんていないんですよ。例えば夜間戦闘の歩兵が敵兵を探してライトで照らし回るなんてしないのと同じですね。非ステルス機がレーダー波を放つ事は敵のステルス機を喜ばせるだけです。ステルス機が索敵用に自らレーダー波を放つとステルス性を失います。米空軍は実戦配備してからそういうF-22の弱点に気づいたのです。だから、次のF-35では、高速大容量の無線デジタル情報リンク MADLMulti-Function Advanced Data Link を備えてAWACSやAEW機、イージス艦の詳細なレーダー情報をリアルタイムで受信できるようにしました。F-35は自機編隊からはレーダー放射を行わないまま敵機の精確な位置を掴んで遠距離から対空ミサイルを発射できます。>「F-35Bは期待寿命が当初想定されていたよりも相当短くなるようですが」F-35Bは製造途中です。機体フレームを再設計して、設計寿命を改善する事になっています。素人が考えそうなことはプロがとっくに検証して回答を出していますし、提案ならばここではなく防衛省へどうぞ。航空自衛隊がF-35Bを導入してもパイロットの機種転換訓練や部隊錬成訓練等で実戦投入出来るまでは5年程度は掛かりますし艦上運用となれば更に特別な訓練が必要になります。暫くは米海兵隊のF-35Bに対する洋上の補給中継拠点とするしかないでしょうね!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です