言及のルール レポートについてです引用して書いた文の末尾

言及のルール レポートについてです引用して書いた文の末尾。別の分の別の個所に対する注なので、明らかにおかしいです。レポートについてです
引用して書いた文の末尾に(1)という脚注をつけるとします (1)は参考文献に記します

その後別の文で、(1)を使って自分が要約した文の末尾にまた(1)と書くのはおか しいでしょうか
参考にしたページが先程と同じなので…レポートの書き方。大原則1。常に読み手を意識する レポートは,自分の主張を書いたもので,他人
に読んでもらうことを前提に書かれているものです. 読み手に自らの次の章
からは規則を説明していきますが,これは一般的な規則であり,絶対的な規則
ではありません. 学生がレポート-の末尾などを変えて,自分が書いた
ように見せかける. などです. 自らのレポートの中で,論文?雑誌?新聞等を
引用する場合は, ①引用箇所を部分です. ?序論で設定した論点について,
検討します.

言及のルール。言及とは。他者の言葉を引用したり要約したりして。そのうえで
自分の見解を示すことです。 言及のたとえば。映画について。具体的な作品を
挙げず。他者の意見を参考にもせずに。自分の見解を述べるのは。非常に困難で
しょう。1.~によれば 「誰が~と述べている」「~によれば」「~に従え
ば」 といった「出典を示す」表現を使ってください。上のことができたら。
レポートの末尾に。次のような言及資料一覧を付けてくださいすべて架空です
。レポートの書き方?基本編①。毎回。記事の最後に「課題」を設定しており。それに従って基本編4回分までの
課題を行えば。レポートが完成する構成になっています。既知の事実について
調べ。その結果をまとめた文章; レポートとは異なり。考察をする必要はない
参考文献』は。レポート内で引用したり参考にしたりした文献?資料の出典を
全てリストアップする部分です。出典の明記を怠ること。すなわち。他人が
書いた文章を盗んで。自分のレポートに書くことを「剽窃」と言います。

論文?レポートを書くために。レポート執筆についてもっと詳しく学びたいという方は。科目「論述基礎」の
テキストとなっている。大辻都編著/篠原学著『アートとしての論述入門』藝術
そして文章の冒頭は必ず字あけます。レポートでは後者の「だ?である」を
基調として執筆してください。引用文を除き。「です?ます」と「だ?である」
が混在しないように気をつけてください。例鈴木春信。狩野探幽
最初に「鈴木春信」と書いたあと。次からは「春信」のみで「鈴木」を略せます

別の分の別の個所に対する注なので、明らかにおかしいです。後の文は順番で注をつけるので、章注の場合、同じ章であれば2にします。脚注の2は1と同じページであれば、「同上」とします。脚注の2が1と違うページであれば、「同書、p.xxx」とします。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です