給料から家族構成まで 銀行員①証券会社と保険会社の下請け

給料から家族構成まで 銀行員①証券会社と保険会社の下請け。>①そのようになり契約成立による手数料収入アップにシフトしているようです。銀行員
①証券会社と保険会社の下請けの要素が、強くなってきますか
②もはや、AIに代替される、斜陽産業ですか
③日銀の金融緩和が終われば、本業の儲けは、改善しますか 給料から家族構成まで。金融機関を味方にすれば企業は強くなる!第回 給料から家族構成まで…「
知り過ぎている」銀行員 保険会社。証券会社。そして銀行。これらの金融機関と
一切取引がない。という人はまずいないでしょう。大企業も。銀行?証券?保険?金融業界とは。銀行?証券?保険ってどんな業界? 銀行 銀行は。顧客から預かったお金を
企業や個人などに貸し出し。預金金利と貸出金利の差=利ざやから主な収益
を得ている企業。 証券会社 また。証券会社は。顧客が株式?債券などの金融

金融機関にて勤務されているお客さま。株」や投資信託を始めたい初心者の方に最適なネット証券会社なら。安心の
グループの「カブドットコム証券」へ。同協会に加入している金融商品
取引業者証券会社等に勤務されていらっしゃる場合や 登録金融機関銀行?
保険会社等に勤務し。登録金融お取引制限の対象商品; お取引制限となる
お客さま

>①そのようになり契約成立による手数料収入アップにシフトしているようです。融資をしていませんからその資金となる預金は要らない、だから、銀行は「預金してくれ」とは一言もいいません。>②銀行がなくなることはありませんが、零細とか中小は合併などで姿を消します、平行して支店数も減少するでしょう、これは水面下で進んでいることであり、ここ数年でガラリと変るものと思います。>③分かりません、今までの日銀の施策では何も改善していません。日銀には頭脳明晰な行員が多いようですが、景気予測は天気予報より始末が悪いようです、本業の儲け改善は「まだ、まだ、まだ、まだ」先ということです。① 販売チャネルという観点ではそうですね。② AI化されても銀行業は残るでしょうが、行員数は激減するでしょう。③ 金融緩和が一体いつ終わるのかわかりませんが、銀行に依存しない資金調達方法が多様化している以上、それほど改善しないのでは。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です