第166回国会 年金に対する政府の説明答弁は信用していい

第166回国会 年金に対する政府の説明答弁は信用していい。知恵袋を荒らす長文コピペ軍団の正体とは ̄▽ ̄bそれでは口直しに一曲プレゼントで*゜▽゜_□「あれから40年」の替え歌で御座います~σ^_^;?アベから40年~独裁から40年~アソウから40年~自己責任から40年あっちもこっちもそっちもどっちも年金破綻~_右も左も前も後ろも年金破綻~ ̄ロ ̄;。年金に対する、政府の説明、答弁、は、信用していいですか

(そもそも、説明?答弁しているかどうかが、ビミョウだが???) 足立信也ホームページ。あるいは。難治性疾患とか。今まで保険適用をしてくれと相当苦労してやってき
あるいは。昨日の尾身さんの答弁で。個人的見解とはいいながらも。やっぱり
短時間労働者に対する被用者保険の適用拡大。三。高齢期の就労と年金受給の
財政検証の上の方に置いておいて。それで誰が信用しますかという話ですよ。第166回国会。第三 厚生年金保険の保険給付及び国民年金の給付に係る時効の特例等に関する
法律案石崎岳君外四名提出同二十九日には。年金時効特例法案について
趣旨説明を聴取せず。厚生労働委員会に付託することを採決によって決めました
。我々はこの間ずっと消えた年金の実態を明らかにせよと言い続けてまいり
ましたが。政府はこの強行採決直前になってようやくこのおまけに。もっと
悪質なのは。何度民主党が要求しても。この事実を政府?与党は隠してきたじゃ
ないですか。

特集:遠山副大臣が訪問。なお。これまでの車座ふるさとトークの概要は財務省や政府広報オンラインで
閲覧できる。 財務省車座ふるさとトークでの冒頭では。遠山副大臣からは
日本の財政の現状に関連して次のような説明があった。遠山副大臣。さきほど
お話しましたように。ヨーロッパの例を見ると。例えばフランスでは標準課税が
%で食料品に対する軽減税率は%です。それに向けてどうすればいいか
。この一。二年間で大きな改革をしていかなければいけないと考えています。ソーシャル?セキュリティーよくある質問。アメリカ国籍の子供のSSNの申請をしたいのですが。必要書類は何ですか?
調べて下さい。 社会保障の情報は電話では。お伝えできません。状況を
調べるためには。先ず年金課へ連絡して下さい。年金受給資格と申請方法
に関する質問妻の私が換金しても良いですか。政府と日米関係ビジネス
教育?文化大使館?領事館お知らせ?イベントプライバシー個人情報保護
に関する

162。そのことをちょっと確認しておくところから出発したいと思うんですが。に。
前回の御答弁でも。それまでは分娩介助料と出産前後の検診費用等を加味して
政府参考人水田邦雄君 御指摘のとおり。平成十二年の健康保険法等の改正
辻泰弘君 保険局長。お聞きしておきますけれども。御説明のように。十二年改正あなたの企業年金。ただし。受給される年金が代行年金である場合は。国の老齢厚生年金を受給され
ていることが必要です。 「代行年金」とは。平成年3月までに解散した厚生
年金基金に加入していた方に連合会

知恵袋を荒らす長文コピペ軍団の正体とは ̄▽ ̄bそれでは口直しに一曲プレゼントで*゜▽゜_□「あれから40年」の替え歌で御座います~σ^_^;?アベから40年~独裁から40年~アソウから40年~自己責任から40年あっちもこっちもそっちもどっちも年金破綻~_右も左も前も後ろも年金破綻~ ̄ロ ̄;?あなたも私も~年金破綻~_ _??????????~「自己破産かよ~/≧◇≦\?」遠~いむかし~その又むかしのそのむかし~?????~アベちゃん言った~100年安心言った「でありますからしてマクロ経済スライドが~???」アベから40年~独裁から40年~ 「???姥捨て山と安楽死法案が可決されました爆」こ~んな日本にアベがした~時の流れがそうさせた~?院じゃ内科~院じゃ内科~?心療内科で医院じゃ内科~?◇??みんなで笑って踊って唄って安楽死安楽死~m_ _m?いかがでしょうか ̄▽ ̄b 南無安倍駄仏~d ̄3 ̄b米国の2.36倍一人当たりの税金を取り、常軌を逸した財政運営をしている、日本は財政破綻します。アメリカの中央情報局CIAが各国の予算についてまとめた近年のデータは米国は歳入307.692兆円、歳出379.836兆円 日本は歳入187.812兆円、歳出232.92兆円です。 人口は米国3.27億人、日本1.26億人です。つまり、1年間で米国民の1人あたり94万円の税金に対して日本国民は1人当たり149万円の税金、米国民の1.58倍も取られています。 日本は一人当たりGDPは米国の67%の低貧国です。149÷0.67=222万円÷94万円=2.36 生活水準「GDP」を考慮すると日本国民は米国民の2.36倍の税金を取られ、国会議員、公務員、医者等に米国民の2.36倍の歳費、給料を支払っている計算で、既に1100兆円が国国民の借金です。 以上のデータからも、国の借金が増え続け、借金に借金を重ねる自転車操業の日本が沈滞し財政破綻するのは必然です。 一人当たりGDPは20年で米国1.9倍、英国1.5倍、日本1.12倍ニュジランドより下位の世界26位です。 日本の平均年収は20年で約1割減です。 年金制度は世界29位のDランクCランクのイタリア、南アフリカより下位です。 国民年金納付率40.3%で、59.7%は補填されて、国国民の借金として1100兆円を超え積み上がります。 今の日本は2.5等国です。国会議員、官僚の責任です。●偏向報道が経済危機を招く月刊正論2019年8月号 上武大学教授?田中秀臣■印象操作が招いた”悪夢”安倍政権を「悪魔」扱いするだけでなく、もう1つ目立つメディアの報道姿勢がある。「曖昧さへの不寛容」というものだ。「曖昧さへの不寛容」とは、ニュースがもたらす「疑問」「問題」よりも、単純明快な「解答」をニュースの視聴者が求める点に注目する。証拠と矛盾していても、また複雑な問題であっても、単純明快な「答え」が好まれる。ニュースの消費者の多くは、科学的な方法を学ぶことにメリットを見いだしていない。つまり学ぶことのコストの方が便益よりも大きいと感じているのだ。そのためニュースの消費は、好き嫌いで判断しやすい感情的なものが中核を占める。中略この「曖昧さへの不寛容」と「悪魔理論」をメディアが同時に使うと、強力な政権批判にもなってしまう。もちろん事実や論理が伴う政権批判は正しい。だが、この「曖昧さへの不寛容」も「悪魔理論」も共に適切なニュースの伝え方とは言えない。印象報道によって国民が煽られることで、真っ当な判断をすることができなくなってしまう。その”悪夢”のような顛末が、民主党政権の時に見られた「1度はやらしてみよう」という感情論であった。当時はこの感情論の火付けの役割を、いわゆる「消えた年金」問題が果たした。■過ちを繰り返さぬよう現時点で、その”悪夢”の再現を狙うかのようなメディアの報道が過熱している。今度もまた年金関係だ。金融庁の委員会が作成した、人生100年時代を視野に入れた資産運用を促す報告書だった。この報告書の事例で引用した家計の平均的な収入と支出を算出して、金融資産の変化を推計している。ワイドショーなどでは好んで、この推計から「年金不安」を煽っている。金融庁の推計では、男性が65歳以上、女性が60歳以上の夫婦では、年金収入に頼ると、毎月5.5万円の赤字が出るという。そのため20年生きると1300万円が不足し、夫婦が共に90歳代になる30年だと2000万円が不足するとした。そもそもこんな調査対象となった家計の平均収入と平均支出を比較して、それで赤字を算出した金融庁の統計センスを疑う。当たり前だが、家計によって所有している資産は大きく異なる。既に働くのを辞めた人達でも、その保有する資産には大きなバラツキが存在している。資産が大きければ、それに伴って支出も大きくなるだろう。株などの金融資産を豊富に持っていて、そこからのリターンが大きければ、それによって買うものも多額になる。平均で考えてしまうと、このような富裕層が支出の平均値を大きく引き上げてしまうだろう。他方で、年金だけの収入となると平均値はかなり低く算出されるだろう。この歪んだ平均値を比べて、それで「赤字」「黒字」と言っても何の意義も見いだせない。おそらく金融庁はこの報告書を利用して現役時代からの資産運用をアピールしたかったのだろう。まるで下手くそな証券会社の営業宣伝もどきが、今回の問題を生んでしまった。しかし事はその程度の話で、ワイドショーなどが喧伝している「年金不安」とは全く関係ないことは以上から自明である。だがテレビのワイドショーの解説や、一部の新聞の取り上げ方では、これを安倍政権が年金制度を破綻させた「悪魔」に仕立て、そして「平均値」の誤用など難しい話は一切省略して、単に「2000万円の赤字」として「曖昧さへの不寛容」を展開している。テレビのニュース番組では、立憲民主党の辻元清美国対委員長の「かつて”消えた年金”がありましたけど、今度は消えた年金ならぬ”消された報告書”だ」という発信を映し出してもいた。もちろん金融庁の報告書は公文書なので消えるわけはない。だが、野党もメディアもそんな注釈をつけることはしない。本当に「年金不安」が課題であるならば、日本経済を安定化させることが年金財政の健全化にも貢献するだろう。だが、「消えた年金」問題に煽られ、やがて政策重視ではなく、感情重視で民主党政権を誕生させたことで、日本経済は大きく不安定化した。経済だけではなく、日本そのものが危機に直面した。その失敗をまた偏向報道に煽られることで、繰り返してはいけない。●年金クライシス 森永卓郎氏「実際は老後6000万円必要」 「トカイナカ」で悠々自適という選択 夕刊フジ公的年金の不足懸念は「老後2000万円問題」と呼ばれているが、経済アナリストの森永卓郎氏は「実際には老後6000万円近く必要と考えておいた方がいいでしょう」とより厳しい見立てだ。「金融庁は、夫婦の毎月の年金収入が21万円で、95歳までに2000万円必要としていますが、年金収入は今後20年かけて4割ほど減っていきます」「さらに女性の5%は105歳まで生きるという試算もあります」と説明する。途方もない金額に思えるが、どうすれば乗り越えらるのか。「年金収入でこれまでの生活を維持するのは現実的ではなく、支出を見直す必要があります」「そこでお勧めしたいのが、都心部から50kmほど離れた”トカイナカ”への移住です」と森永氏。トカイナカとは、郊外都市を指す森永氏独自の言葉で、関東地方では、圏央道沿いの神奈川県海老名市、東京都八王子市、埼玉県入間市、千葉県茂原市など、「ポツンと一軒家」というほどではなく、都会と田舎のメリットを共に享受できるイメージだ。森永氏によると、都心と比べて全体的な物価が3割ほど安くなるほか、住まいについても「現在トカイナカに住んでいる人は老後に家を売って都心部の小さなマンションに移るケースが多いので、空いた70~80㎡ほどの中古物件を数百万円で購入できるチャンスがあります」という。「定年後に移住して、自宅の庭で野菜を栽培するのもいいでしょう」「10畳程度の畑があれば、夫婦が自給自足できる分の野菜は十分賄えるし、稼ぎは多くなくても楽しめるという仕事を選ぶ余裕ができます」都心部での生活にこだわる場合は「働き続けるしかないのですが、70歳まで働いたとして、男性の健康寿命は現在72歳とされています」と森永氏は指摘し、こう続ける。「都心に住んで働き続けるか、トカイナカで悠々自適の生活を送るかは個人の人生観次第です」「ただ、老後の資金を増やそうとして素人が急に投資に乗り出すと損をする可能性が高いので、そこは慎重に考えるべきです」都心か郊外か、重要な選択を迫られている。普通に考えて30歳まで遊びまくって貯金ゼロだとしてそこから65歳定年まで35年、例えば毎月5万貯金したとして2100万。老後2000万なんて余裕で貯められる。30歳過ぎて月5万すら貯金に回せないような経済力なら知らん勝手に死ね。なぜ自分の老後生活資金のおおよその必要額が自分で把握できない人がいるのかが不思議だ。自分のことだろ、バカか?「ねんきん定期便」に?これまでの保険料納付額累計額?老齢年金の種類と見込額年額が記載されているのだから?年金で足りそうか?いくらぐらい不足しそうかは自分で分かるでしょ。年金だけでは不足しそうな人は①貯蓄?資産運用する②働き続ける③生活費を切り詰めるなど自分なりのやり方を見つければいいだけだ。厚生年金でさえ貰えるのは現役時代の平均収入の50%所得代替率50%が上限。所得代替率は低収入の人の方が高収入の人より高く収入の開きほどには受け取る年金に差は出ないので低収入の人は高収入の人に保護されている側面がある。所得代替率を100%に近づけたら年金制度は破綻して成り立たない。老後の蓄え無しに厚生年金だけで現役時代と変わらぬ消費をしていけるのはよっぽどの高給取りだけだろ。ましてや国民年金だけで暮らしていけるはずがない。公的年金は収入が少ない人ほど所得代替率が上がるようになっている。現役時代の所得の違いに比べると年金の受給額の開きのほうがゆるやかになっている。これは基礎年金部分があるためで基礎年金は納付期間が同じであれば収入に関わらず定額だからだ。 また所得の高い人ほど税金を多く払っているがその税金の一部は国庫負担として年金に投入され受給者に還元されている。 このように高所得者から低所得者に対して間接的に所得の分配が行われているのだ。●70代後半の人に支給されている年金の平均は「137万3千円」[ 00:00]■保険制度の資料を利用して収入を探る現役世代が、自分の老後に不安を抱く理由の1つが現在の高齢者がどれぐらいの収入があって暮らしを立てているかが分からないことです。そこで厚労省が公開している「後期高齢者医療制度被保険者実態調査報告」を利用して後期高齢者の収入を探ってみました。後期高齢者医療制度の保険料は収入に応じて算出されるので報告書には各年代ごとの収入が記載されているのです。計算を簡単にするために「75歳から79歳」の70代後半に限定してどんな収入がどれぐらいあるのかを見てみましょう。■年金額は「50万円~150万円」が多い最初に気になる「年金」の金額を見てみましょう。75歳から79歳の人の年金額の平均は「137万3千円」です。実際の支給金額で一番多いのは「50~80万円」でした。次が「100~150万円」で三番目が「80~100万円」です。この3つを合わせると半分以上を占めます。自分の将来の参考にする時は年金の平均は137万円幅としては「50万円~150万円」ぐらいと思えば良いでしょう。なお年金を受給する資格がなく「年金収入なし」という人も3.7%います。その一方で「1,000万円以上」という人も存在します。現役時代の準備の差が年金金額の差となって表れることが分かります。■収入の8割は年金70代後半の収入は年金だけではありません。所得の種類を5つに分けて内訳を見てみましょう。一番多いのは「雑所得」で80%近くを占めています。雑所得に分類されるのは、「公的年金」を除くと「原稿料」などごく限られたものだけですからほとんど「公的年金」と考えて良いでしょう。農業を含む事業や会社勤めなどで収入を得ている人も20%います。70代後半でも5人に1人は現役で稼いでいるのです。各所得の簡単な説明は次の通りです。事業収入 製造業や小売業などの事業によって得られた所得です。ここでは農業による所得は含めていません。農業?山林所得 農業や林業による所得を指します。給与所得 会社からもらう給与や賞与を指します。財産所得 株式による配当、利子利息、土地や建物の賃貸料などを指します。雑所得 他の所得以外のものを指します。公的年金は、ここに分類されます。■収入の総額は「200万円」ぐらい最後に「所得額」を見てみましょう。70代後半の所得額の平均は「93万3千円」です。ここで言う「所得」とは「収入から必要経費等を差し引くなどして得られた金額」です。「所得なし」だからと言って収入がまったくないというわけではありません。例えば年金の収入額が120万円未満の場合は「公的年金等控除」により所得額が「0円」になります。従って一番多いのは「所得なし」でほぼ半分を占めます。所得がある人に限ると一番多いのは「100~200万円」でした。これに控除枠いっぱいの年金があったとして120万円を足すと実際の収入は200万円ぐらいと考えて良いでしょう。大体このあたりを目安と考えれば良いでしょう。特に大きな支出がなければ日常的な生活を送るには不足のない金額と言えます。■年金が基本だが他の収入も考えよう最後にもう一度整理してみましょう。70代後半の収入の8割は「年金」でその金額は「50万円~150万円」が主流でした。しかし2割の人は年金以外の収入を得る手段を持っています。その方法は事業や農業、サラリーマンなど様々ですがそれらを含めた収入は「220万円~320万円」で生活費をまかなえる金額です。現在の現役世代が年金を受け取る時代には年金の支給額は減少することが予想されます。現役のうちにできるだけ厚生年金や確定拠出年金などを積み上げると同時に年金以外の収入源を用意することを考えましょう。●令和元年6月3日金融庁金融審議会 「市場ワーキング?グループ」報告書 の公表について「高齢社会における資産形成?管理」夫65歳以上?妻60歳以上の無職で公的年金のみが収入の夫婦では、?年金の月額合計-月の支出合計=5万円赤字が平均像だと書いています。2000万円の話は、上記5万円の赤字が30年続く夫婦は、?30年で約 2,000 万円の金融資産取崩しが必要になると書いてます。5万x12x30=1800万 の計算なのにね。お分かりですね。決して高齢者は2000万円がないと生きてけないなんて言ってません。5万円赤字と決めつけ、30年続くと決めつけ、増額して2000万円ね。こういうのこそ、デマ/フェイクと解します。ただただ「不足分を投資で補え!」って言いたいだけです。○○証券、○○銀行とかに、セールストーク材料を与えたに過ぎません。まったく、世も末です_「5万円赤字」の根拠資料は、こちら●厚生労働省 提出資料iDeCoを始めとした私的年金の現状と課題厚生労働省年金局 企業年金?個人年金課No.24「高齢夫婦無職世帯の収入?支出」には、『○引退して無職となった高齢者世帯の家計は、主に社会保障給付により賄われている。○高齢夫婦無職世帯の実収入と実支出の差は、月5.5万円程度となっている。高齢夫婦無職世帯夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦のみの無職世帯?実収入勤め先収入4,232事業収入4,045社会保障給付191,880その他収入9,041実収入209,198円?実支出食料64,444住居13,656高熱?水道19,267家具?家事用品9,405被服及び履物6,497保健医療15,512交通?通信25,576教養娯楽25,077その他の消費支出54,028非消費支出28,240実支出263,718円うち消費支出235,477円高齢夫婦無職世帯の平均純貯蓄額2,484万円出所総務省「家計調査」2017年』とあります。現況の平均値です。未来予測じゃない!しかも、現況は赤字になってるんじゃなく、「貯蓄等で対応済み」なんです。みんな苦しいけど生きている。No.25「高齢期における資産形成状況」には、『2人以上の世帯で世帯主が65歳以上の貯蓄現在高*階級別の分布を、2002平成14年と2017平成29年で比較すると、4割程度が2000万円以上の貯蓄現在高となっている一方で、貯蓄現在高が低い「100万円未満」、「100~500万円未満」世帯の割合がやや増加している。*銀行等への預貯金、生命保険等の掛金、株式?債券等の合計貯蓄残高階級別分布★2002年?100万円未満:4.4%?100~500万円未満:12.2%?500~1000万円未満:16.9%?1000~2000万円未満:24.0%?2000万円以上:42.6%★2017年?100万円未満:6.4%?100~500万円未満:13.7%?500~1000万円未満:15.7%?1000~2000万円未満:22.4%?2000万円以上:41.8%出所総務省「家計調査」注1.単身世帯は対象外2.ゆうちょ銀行、郵便貯金?簡易生命保健管理機構旧日本郵政公社、銀行、その他の金融機関への預貯金、生命保険及び積立型損害保険などの掛金、株式?債券?投資信託?金銭信託などの有価証券と社内預金などの金融機関外への貯蓄の合計』とあります。4割以上は平気です。いずれにしろ「年金が破綻する」なんて1ミリも書いてない!個人的には、この資料を更生労働省が金融庁に提出し、「iDeCoを始めとした私的年金の現状と課題」なんてタイトルな事の方が、強い違和感を覚えます。何なんでしょう!なお、5万円赤字の出典は、 こちら●家計調査年報家計収支編平成29年2017年●第9話所得代替率の見通し~実際、「どのくらい」受け取れるのか私は64歳ですが、基本的には信用してよいのではないですか。理由は、40年前には60歳からもらえるという話でしたが、段階的に引き下げて65歳になりました。しかし、65歳になって何もしなくて月に22万円もらえるというのは、かなり良いのじゃありませんか。もともと、昔は子供と同居で年金プラスで、普通に暮らせるという話でしたから。今は、核家族の計算で5万円足りないということは世情の変化で、自助努力もいたしかたなしだとおもいます。私もまだ現役で社会保険払っています。年齢関係なく、働ける人は社会保険を支える側になるべきだと思います。ひとまず いいとおもいますよ年金加入者増やして 保険料収入増やしマクロ経済スライドで現役世代の伸びより支給額を抑え運用でも順調に増加させ高齢者の在職老齢年金見直し や 繰り下げの検討などさまざま 回答しているのかとおもいますよたぶん きいたことはあるかとおもいますが。それが十分かどうかは とらえ方次第なのかもしれないですが

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です