水産業協同組合法 中小企業協同組合における組合員資格の剥

水産業協同組合法 中小企業協同組合における組合員資格の剥。弁護士の解釈だけ書きます弁護士は法解釈代理人なだけですなので、人が違えば言う事も変わる違う弁護士に当たれば違う話もでるかと後、事前事後の話は法的にどうでもいい話ですのでどうしたいのかだけを相談すると良いですよそうですねぇ、テレビ局とか新聞社にでも持ち込んでみたらいいんじゃないでしょうか。中小企業協同組合における組合員資格の剥奪
(除名処分)の正当性について、どなたかお知恵をください

運送業の「赤帽」協同組合の理事会の内紛で、父が理事長、そしてその一年後の先月 、組合員資格を剥奪されました
栃木県赤帽協同組合を40年まえに立ち上げた(創業者の一人でもある)父は、長らく栃木県赤帽組合の理事長でありましたが、昨年6月から始まった現理事長一派によるクーデターにより、理事長職の座を奪われました 理事を選ぶ選挙でトップ当選したにも関わらず、票合わせで乗っ取られたのです

そして、現理事会の一派は、ヒラの理事になった父を、無実の罪状で(実際に刑事上、何の違法行為があったわけでもない借入金等を横領呼ばわりして)理事会から追い出し(昨年12月)、果ては、正当な権利をもつ「赤帽」の看板、組合員たる資格の剥奪まで行いました さる、2019年6月15日(日)のことです

中小企業等組合法には、総会という最高意思決定機関がありますが、その総会の理事会の提起による議案を、可決させることで除名にした格好です

ルール上は、投票という正式なハードルを超えたことになっていますが、それまでの根回し、悪評の流布、讒謗、口裏合わせや、裏切り行為を持って、ソクラテス裁判よろしく、事情を知らない組合員を扇動したしたのです 見かけ上民主的な多数決による、リンチであり、人民裁判でした

理事会による、父の除名処分の罪状は、20年まえに父が経営者貸付を受けたこと、および、養老保険(受取人は父個人の名義になっている)を”不当”に受け取ったとのこと もちろん、これらは違法でも不法行為でもなく、貸付金、掛け金等を返さないという意志を示したわけでもありません

現理事長は、横領だ とあちこちで触れ込み、父や家族の心を大いに傷つけ、父は75歳にして20Kg近くも体重を落とし、母は鬱を患ってしまいました

総会でも、赤帽組合員に、事件性があるというデマを訴え、十分な反論の時間を与えることもなく、一方的に除名案を可決に導きました

上位組織の全国赤帽連合会も、中立の立場を装いながら、栃木県協同組合の総会に副会長を派遣し、現理事会に加担するような弁舌まで実行し、除名案の可決に加勢しました

現理事会と、現理事会に加担した連合会副会長は、前理事長の父が正当な決議を経て貸付を受けていた金銭に、複利20年2%という不当なまでの高利子を要求しました

借入金は、父の「退職金」と相殺となっていたものですので、当然、退職金をもらわなければ、相殺も出来ません このことは、理事会で正式承認を受けていたことですが、その決議を反故にして、「即金で返金せよ」ときたのです どうせ、除名にするから、退職金も払うつもりはないよ、ということだったのかもしれません 実際に、退職より半年を過ぎても、現理事会が退職金を支払う気配はありません

しかも、父の自宅の土地建物の仮差押までして、裁判を起こすつもりのようです 赤帽に40年の人生全てをかけてきた父にしてみれば、その屈辱たるや、まともな人生を歩んできた職業人なら、誰にとっても推してはかるべしです

栃木県赤帽組合の理事会、栃木県赤帽協同組合理事長とそのシンパ、そして、その政争に加担して不当な決定を放置どころか加勢
までした連合会の一部の幹部、彼らが、組織のためという正義の仮面をつけて、勇退を決意した創設メンバーである根っからの赤帽マンに鞭打っているこの実情を、少なからぬ関係者諸氏はどう思っているのでしょうか 世も末とはこのことです

弁護士に聞きますと、部分社会の法理に依り、協同組合の内部の決定には、基本的に裁判所は口を出さない、判断しないというのが通例のようです

しかし、学校内のイジメや体罰と同じで、こんな不正義を放置していたら、あまりにも、父がうかばれません

とりあえず、民事裁判では、差押えだけは回避すべく退職金の支払いを求めて争いますが、ほかになにか対抗措置があれば教えてください お願いします 水産業協同組合法。三 組合員の除名 三の二 事業の全部の譲渡。信用事業。第十中小企業等協同
組合法第九条の三第四項及び森林法第八十条第四項第百五十九条第一項
において準用する場合を含む。の規定において準用する旧法第八条第一

中小企業等協同組合法。中小企業等協同組合法3 一組合員の出資口数は。出資総口数の百分の二十五
信用協同組合にあつては。百分の十を超えてはならない。ただし。次に掲げる
二 法人たる組合員の合併又は共同新設分割法人が他の法人と共同してする
新設分割をいう。以下同じ。一 組合員たる資格の喪失 二 死亡又は解散 三
除名 四 第百七条から第百九条までの規定による公正取引委員会の確定した排除
措置命令2 前項の持分は。脱退した事業年度の終における組合財産によつて
定める。弁護士法人ITJ法律事務所。除名処分被告は,平成10年8月25日に被告組合員から,原告の除名を議題
とする臨時総会招集請求がなされた乙2被告のように,人的信用を基礎と
する組合における除名制度の意義は,組合の信用や内部秩序を守るため,組合の
組織させた行為,③原告が,被告組合員Bについて,資格剥奪,補償金の返還
を請求するよう執拗に求めた行為がある。の趣旨を超えて漁業協同組合の経済
目的と無関係な除名がされることがないようにするためである中小企業等協同
組合

組合員の加入と脱退について。中小企業等協同組合法第5条の基準及び原則には。協同組合は組合員の相互扶助
を目的とすること。組合員資格を有する者が組合に任意に加入し。組合員が
任意に脱退することができるとする「加入?脱退の自由」は。組合し。その
年度における組合の事業計画の遂行に支障を来し。また共同施設の処分等を
余儀なくされ。ひいては他の組合員に除名とは。組合員の意思いかんに
かかわらず。組合において一方的に組合契約を解除し。その組合員たる地位を
剥奪することである。補章。協同労働者。剰余処分と従事組合員所得 「新しい有するのみで。経営自体に
何等関与しないに反して。協同組合に於いては個々の組合員の 経済活動社
経営における意思決定?執行の主体は。資本保有者という企業家集団により雇
われる専を担う。つまり第三次産業分野において地域又は職域区分によって
参加資格が制限された際に。法形式において平成 年度に大改正された「
中小企業団体の組織に関する法律」り。その典型的な現れとしての死亡脱退。
除名である。

除名2組合の申し合わせをやぶった組合員の除名について。小売業者の組合において。同じ商店街にある大資本経営のスーパーマーケットへ
の対抗上同スーパーに入らないことの申し合わせを行った場合。同スーパーに
入った故をもって。同組合定款の除名規定「組合の事業を妨げ。又は妨げようと
した組合員除名決定無効確認請求事件。被告の平成開催の臨時総会における組合員Aを除名する旨の議決
が無効であることを確認する。第 事案の概要本件は。漁業協同組合である
被告の臨時総会において。組合員である原告を除名する旨の議決がされた原告
は。被告の設立時からその准組合員であったが。平成年月日開催の被告理事
会において正組合員の資格者と者に対する措置として。共同漁業を営む組合員
が漁業に関する法令及びこれに基づく 行政庁の処分又はこの規則に

弁護士の解釈だけ書きます弁護士は法解釈代理人なだけですなので、人が違えば言う事も変わる違う弁護士に当たれば違う話もでるかと後、事前事後の話は法的にどうでもいい話ですのでどうしたいのかだけを相談すると良いですよそうですねぇ、テレビ局とか新聞社にでも持ち込んでみたらいいんじゃないでしょうか。取り上げてもらえるかどうかはわかりませんけどダメ元で。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です