有機化学Ⅱ 有機化学の還元反応で主生成物の構造式を求める

有機化学Ⅱ 有機化学の還元反応で主生成物の構造式を求める。生成物の構造で、シスアルコールとトランスアルコールの区別が分かりません。有機化学の還元反応で、主生成物の構造式を求める問題で質問です

問題「4 tert ブチルシクロヘキサノンの還元において、水素化アルミニウムリチウムを用いる還元反応と、トリ sec ブチル水 素化ホウ素ナトリウムを用いる還元反応では、生成物の立体構造が異なる
それぞれの還元剤を用いたときの主生成物の構造式を破線 くさび形表記で書き表しなさい そのような立体異性体を生じる理由を記述しなさい 」
という問題です

答えは、「トリ sec ブチル水素化ホウ素ナトリウムは、嵩高い置換基を有しており、立体障害の少ないエクアトリアル方向からヒドリドイオンが接近する方が優位であり、シスアルコールを生成する
一方、水素化アルミニウムリチウムを用いる反応では、アキシアル位からヒドリドイオンが接近して、安定なトランスアルコールを生成する反応を優先する 」
です

しかしながら、私が思うに、答えのようではなく、
(1)トリ sec ブチル水素化ホウ素ナトリウムは、嵩高い置換基を有しており、立体障害があるため、エクアトリアル方向に行けずに、アキシアル位しか作れないと思うのですが、なぜエクアトリアル方向に入れるのでしょうか

(2)また、水素化アルミニウムリチウムを用いる反応では、水素化リチウムアルミニウムは、立体障害が少ないので、エクアトリアル位を作れると思うのですが、なぜアキシアル位に接近して、安定な構造を作れるのでしょうか
そもそも安定な構造なのは、エクアトリアルだと思いますが、なぜでしょうか

(3)また、生成物の構造で、シスアルコールとトランスアルコールの区別が分かりません
還元反応で、=Oが OHと H になり、それが、方向的に上下方向に異なるのでしょうか あるいは、アキシャル方向とエクアトリアル方向がトランスで、アキシャル方向同士、エクアトリアル方向同士で同じ方向に付くのがシスなのでしょうか

色々内容的に、反応生成物の構造をよく理解していないかもしれませんが、よく有機化学をご存知の方に教えて頂きたいです
よろしくお願いしますm(_ _)m有機化学の勉強法。官能基を確実に覚えよう; 有機物の構造決定問題は解く手順を整理しておこう;
入試有機化学の重要な官能有機物は炭素の他に水素。酸素。窒素。硫黄など
を含むものがあります。官能基を覚える際には。名前と構造式だけでなく。
その官能基の性質や主な反応。不飽和度をまとめて整理しておくと問題を解く
ときにとても役立ちます。よって得られた二酸化炭素と水が何モルかを
それぞれ計算することで。有機物に含まれていたとの比が求められます。

専門科目。科目」欄に科目名「生物科学?生化学 ?Ⅱ」, 「有機化学 ~」, 「無機化 学
?分析化学目的物 次の化合物 , を,求電子置換反応でモノニトロ化する
際にニトロ 化されてできる生成物の構造式を,ニトロ化される位置がはっきり
わか有機化学2?演習。酸化還元反応 /, まで –解答例 –上の「有機化学?演習問題」の第
1集の「共鳴と共鳴効果」をダウンロードし。1.次の各化合物の構造式を。
塩基性が弱いと思うものから順に左から右に並べ。理由を簡単に説明しなさい。
次の反応の主生成物を構造で答え。その反応の機構を説明しなさい。質問「
亜硝酸によるジアゾ化反応ジアゾニウムイオンの生成がどのようにして起っ
ているか」への回答は。&の次の化合物の各炭素の酸化準位を求めなさい。

有機化学Ⅱ。各講義の最後に復習のための演習問題を課す。解答を伏せて。課題芳香族
化合物の命名日本語。英語の練習。化合物名から構造式を書くに取り組む
。解答を伏せて。課題ベンゼンやトルエンを原料としたときの求電子置換
反応を予測。生成物の命名に取り組む。解答を伏せて。課題,反応
の区別。反応性順序の予測。脱離反応を行ったときの主生成物。副生成物の予測
に取り組む。解答例と照らし合わせ。不質問への対応, 授業終了後に随時
対応する。92薬剤師国試問題。問 次の化合物又は化学種における。第二周期元素と水素原子との結合角の大小
について。正しいものの組合せはどれか。問 窒素を含む有機化合物の塩基性
に関する記述のうち。正しいものの組合せはどれか。, 反応Ⅱの主生成物は
である。 , 反応Ⅰで無水酢酸の問 次の反応式は。日本薬局方医薬品メチル
ベナクチジウム臭化物の合成法の一つを示したものである。問 構造式ア~
エで示される生薬成分に関する記述~について。正しいものの組合せはどれ
か。

有機化学の還元反応で主生成物の構造式を求める問題で質問の画像。

生成物の構造で、シスアルコールとトランスアルコールの区別が分かりません。これは,大学入試問題にもでてくる,高校生レベルでも理解すべきことです.立体障害を言うときは,”どこ”とどこの間で立体障害があるかを,明確にしましょう.H- が,配座固定されたシクロヘキサノンに付加する際の,面選択性に関しては,かつていろいろと議論されたものです.H-と反応するC=Oは,LUMOを考えます.LUMOは炭素側が主体で,反結合性なのでややシクロヘキサン環側に傾いています.まず,分子模型を実際に組んでください.カルボニル炭素にもp軌道に相当する垂直方向に棒を立てるとわかりやすいです.すると,tBuとシス側であり最終的にアキシャルになる方向からC=Oに接近すると,3,5位のaxial H との間に立体障害があることが分かります.従って,かさ高い置換基を持つH-試薬では,equatrialにHが入ります.LUMOが環側に傾いているので,立体障害に敏感です.立体障害がない場合の選択性:LUMOの上下方向生成物でのaxial/equatrialの広がりは,同じではありません.C2-Haxial 軌道とのanti-bonding mixingにより,axial側が若干大きな広がりをもっています.したがって,LAHのときは,axial Hになるように接近すると考えられます福井謙一先生が初めに指摘した.

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です