日録21.8.7韓詩外伝 韓詩外伝のこの部分の現代語訳を

日録21.8.7韓詩外伝 韓詩外伝のこの部分の現代語訳を。齊景公使人為弓,三年乃成,景公得弓而射,不穿三札。韓詩外伝のこの部分の現代語訳を教えてください 2015年の法政大学の過去問です 韓詩外伝かんしがいでんの意味。古い故事?逸話を。「詩経」の詩句と関連づけて解説したもの。「韓詩内伝」は
かんしがいでん〔カンシグワイデン〕韓詩外伝 の解説昔このような詩
があったと思いますが。誰のそして詩のタイトルは何と言うのか教えてください
。韓詩外伝のこの部分の現代語訳を教えてください。韓。韓詩外伝のこの部分の現代語訳を教えてください! 年の法政大学の過去問
です!齊景公使人為弓,三年乃成,景公得弓而射,不穿三札。景公怒,將殺弓人新版。自分は現代語訳だけを読んでいるが。これで十分味わい深い。訳がきれいなので
何の違和感もない。 まさかこの年になって徒然草が心に突き刺さってくるとは夢
にも思わ

大塚ひかり「誰のための現代語訳か」[古典の面白さを伝えたい。リポート笠間号より。大塚ひかり「誰のための現代語訳か」[古典の面白さを
伝えたいという立場から]。を公開いたします。お気軽にご連絡ください。
文学全集などにある研究者の逐語訳を。注を見ながら読むほうが古典文学を読ん
だという気になれるのだが。この注以来。古典文学の現代語訳はもちろん。
校注や注釈も疑ってかかる癖がついた。高校時代。違和感を覚えた『紫式部集
』の「校注」は。こうしたもろもろを教えてくれた原点とも言える。韓。韓詩外伝のこの部分の現代語訳を教えてください! 年の法政大学の過去問
です! 齊景公使人為弓,三年乃成,景公得弓而日録21.8.7韓詩外伝。これを「三家詩」といいます。 このうち。③の学派は。文帝のときの韓嬰
という学者に始まるとされ。この韓嬰は。 作内外伝数万言。 内?外伝。数万言
を作れり。 内伝と外伝。あわせて数万字に上る詩経の解説書を書いた。 そう
なので

齊景公使人為弓,三年乃成,景公得弓而射,不穿三札。景公怒,將殺弓人。弓人之妻往見景公曰:「蔡人之子,弓人之妻也。此弓者、太山之南,烏號之柘,騂牛之角,荊麋之筋,河魚之膠也。四物、天下之練材也,不宜穿札之少如此。且妾聞:奚公之車,不能獨走;莫邪雖利,不能獨斷;必有以動之。夫射之道:在手若附枝,掌若握卵,四指如斷短杖,右手發之,左手不知,此蓋射之道。」景公以為儀而射之,穿七札,蔡人之夫立出矣。 齊の景公は人に命じて弓を作らせ,三年経ってやっと完成した。景公は、この弓を手に入れ弓を射たが,鎧の板三枚を射抜くことが出来なかった。景公は怒って,弓職人を殺そうとした。弓職人の妻は行って景公に謁見して言った「私は蔡人の子,弓職人の妻です。此の弓は、太山の南の烏號の山桑の木,騂牛の角,荊楚の鹿の腱筋,河魚のニカワを用いて作りました。四つの物は、天下の逸材であり,このような少ない鎧の板を射ぬく程度ではありません。もっと素晴らしいものですかつ私は聞いています:達人奚公がつくった車も,獨りで走ることはできません;莫邪の剣がどれほど鋭くても,獨りで斬ることはできません;必ず之を動かすものが必要です。そもそも射法の道は:手は枝に添えるだけ,手掌は卵を握るように,四本の指は短い杖を断つように握り,右手で弓を放つ時にも,左手はこれを知らないように少しも動かさずに行います。おそらくは、此れが射法の神髄です。」景公はこの指示に従って、弓を射て,七枚の鎧の板を射抜き,蔡人の夫は立ちどころに釈放された。 烏號の弓を作った桑の木:烏號弓は黄帝の弓、昇天するのに従えなかった家臣は悲號して其弓を烏號と呼んだ。 干将莫邪の剣:名剣 列女傳に、晋の平公の弓として同様の話があります。どんな優秀なものも、使う人次第であるという言葉が続きます。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です