文献を引用する 書かなければならないレポートの注意事項に

文献を引用する 書かなければならないレポートの注意事項に。a4サイズであれば2枚や3枚書いでもいいと思いますか。書かなければならないレポートの注意事項において、
?用紙、書式は問いませんがa4サイズに収納出来るようにした下さい

と書かれている場合a4サイズであれば2枚や3枚書いでもいいと思い ますか
文字数の規定は無いです
極端な話、一文でも規定には反してませんし何千字書いてもいいという状況です
注意事項は上記のもの一つのみです論文?レポートを書くために。大学で執筆するレポートは。中学校や高等学校で書く機会の多かった感想文とは
まったく異なるものということを強く意識してください。テーマが設定されて
いる課題では。そのテーマに焦点を絞って解答し。テーマから外れたことは書か
ないようにしましょう。課題の趣旨に応じて「参考とすべき文献」を提示する
ということに注意してください。また。一般の刊行物においては。文章を引用
して出典を示さなかった場合。剽窃他人の文章?語句?説などを盗んで使うこと

レポート?論文構成法と書き方。レポートや論文などの論理的文章を書く場合。読み手または出題者に読み
やすいよう。前もって文章の構成や展開を序論で述べた目的と必ず呼応し。
密接に整合していなければならない。統計的検定の結果を書くときの注意点>レポートの書き方。レポートの書き方 実験演習に限らず,一般的な報告書を書くための注意点
についてまとめる.レポートのサンプルをここにおいておく.レポートの書き方。常に読み手を意識し,読みやすいレポートを書くように心掛けて下さい. 詳しく
は『第原則として,2行にならない程度に,出来る限り文字を大きくします.
しかし,注意点 ?同一資料から引用しても,引用のたびに書かなければいけ
ません.しかし,レポートにおいては,主語が抜けていると文の内容が分から
なくなります.以下に例を挙げましたが,あくまでも基本事項に限っています

文献を引用する。なぜ引用が必要なのか; 引用のルールは何のためにあるのか; 適切な引用である
ために注意すること引用を適切に行うことは。レポートや論文を書く際に守ら
なければならない最低限のルールであると言えます。では。引用によって。
これまでの研究において何が明らかになっているのかを示すことには。次のよう
な役割もあります。もし。どこが他者の研究成果であるかが分かるように書か
なかったら。まるで自分がその成果をもたらしたかのように見えます。レポートについて。他人の報告。論文。本を読んで得た情報は。自分自身の深い考察によって新しい
生命が与えられないかぎり。読者を納得させられない。 先に述べたように。書き
ながら考える。考えるために書く。 主題を見つけること。自分の持っている経験

a4サイズであれば2枚や3枚書いでもいいと思いますか?はいA4レポート用紙程度ですと、30枚くらいは書いてもよいと思われますおそらく角二封筒というサイズの封筒に入れて管理すると思われますので、大きさがA4であれば枚数は50枚くらいまでは大丈夫だと思われますajn様、こんばんは。確かに、”A4サイズにおさめてください。”としか指示がなかったとしても、それ以外の制約があるのかどうかについて、自分の都合だけで判断せずに、納得がいくまでお聞きになられたら如何でしょうか??縦か横か?縦書きか横書きか?1枚の裏表両方に書いても構わないか?枚数制限は本当にないのか?手書きか活字か?文章以外に、絵や写真、グラフ等は可か?使用する言語の制限があるのか?文字数制限は本当にないのか???提出期限に余裕があるのでしたら、例えば、常識的に考えても、何でもあり得るような上記のような観点について、可能な限り、確認しておくことをお勧め致します???。以上です。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です