弦交換の目安 クラシックギター弦の交換時期について教えて

弦交換の目安 クラシックギター弦の交換時期について教えて。クラシックギター弦の交換時期巻き線弦のフレット跡を目安にしています。クラシックギター弦の交換時期について教えてください
ネットで調べたところ、「頻繁に弾いている場合は、月に一回ぐらいの間隔で???」と書かれているのを読みました 私の場合、これまで半年に一回程度の間隔で交換していました ギターを弾いている時間は平均すると、一日30分~1時間程度です ギターを手にしない日もあります
定年後、憧れのギターを数本購入しましたので、弦の交換時期についての知識を得たいと思い、質問した次第です よろしくお願いいたします 弦交換の目安。先日更新しました『弦交換の目安 ~ウクレレの弦交換っていつするの?~』が
参考になってそんな石本。調子に乗ってクラシックギター編も更新します!
ぜひ。ご愛用の記事を読むのがめんどくさい』という方はエキスポシティ店
までお持ちください。 わたしの悪いそこでクラシックギターの弦を見れば
分かる。弦交換のサインをお教えします!弦の劣化について どのように

弦の交換時期。題の通り。弦の交換時期についてなのですが。皆様はどれぐらいの周期で変えて
いるのでしょうか?参考にしたいので皆様の交換基準を教えて下さい。
クラシックギターもバイオリンも持ってますが。音が悪くなる点では同様です。クラシックギター弦の交換時期。ギター弦の劣化 ギター弦は劣化すると音の減衰が早くなり。張り替えた時 に
比べると音の艶も損なわれてきます。であれば。緩まなくなった時を弦の交換
時期にしてみてはの実音とのハーモニックスの音程を比べて下さい。クラシックギター弦ナイロン弦の寿命と交換時期。もっとも。ナイロン弦についても同様ですが。ナイロン弦はそのものが伸び
やすい上。サビなど目に見える以上に音質?本質は劣化しているものです。
ネット情報を散見してみると。 「ナイロン弦の寿命は三ヶ月~半年」

弦交換のタイミング。弦はどの位の期間で交換すればよいのですかと質問を受けますが。 ギターの音に
敏感ギターの音に敏感な人なら自分の楽器の出音を聴いて。弦交換の
タイミングだと思って下さい。トップギタリストの使用弦や交換時期について
は「現代ギター 年月号」で詳しく記載されていますので宜しければお
求めください。スペシャルコンサートチケット払い戻しについて; /
/ クラシックギター専門誌『現代ギター』年月号は月日発売!クラシックギター?弦を交換して美しい音色を得る名古屋音楽。クラシックギターはアンプやエフェクターで音色を作ったりすることがなく。
楽器本来の響きを最大限に利用するギターです。そのため。 弦の交換時期
について; 弦交換のやりかた 手順この場合は。早めに弦を交換して
下さい。

ギターの弦の交換時期?目安の期間は。これはエレキギター。クラシックギター。アコギ。すべてのギター共通です。
ギターの弦について。大切な考え方があります。それは。きちんと新しい弦に
交換して。良い音でギターの練習をしてください。 ギターの弦の高音弦の変え時について。,,弦について質問させてください。張った弦の音が良いか悪いかと言うより
。音楽表現の上で必要なので私は比較的早めに交換することにしています。 以上
は私的意見ですのでご容赦ください。 何方か良くお知りの方がおりましたらお
教え願えればありがたいと思います。低音弦2回に対して高音弦1回の割合で
交換しています。本当に検証しようと思ったら。時期をずらして同じ環境で
録音したものを聞き比べるという方法になるでしょうが。現代ギター

クラシックギター弦の交換時期巻き線弦のフレット跡を目安にしています。頻繁に弾くと交換時期が早まるし、あまり弾かないときは交換間隔も伸びます。あとはハイポジションの音程が気になるとき。盆と正月の年二回では少ないよなあ~ --”やっぱり月一が多いのかな?その点、同じナイロンでもウクレレは10年張ってもちゃんと鳴ってくれるのもあります^^貧乏性>ネットで調べたところ、「頻繁に弾いている場合は、月に一回ぐらいの間隔で???」と書かれているのを読みました。1月どころか1週間に1回の人もいます。ナイロンはとても伸びやすい素材なので、張ったそばからどんどん伸びていきます。そして、1週間くらい経てば概ね落ち着きます。もちろん落ち着く期間は張り方やゲージなどによっても左右されますが。そして、この落ち着いた時点が弦交換の目安、というのが「1週間で交換派」です。理由は、伸びか止まる=音の劣化ヘタりが始まるだからです。音の張りや丸みを重視する考え方です。逆に、切れるまで使う派もいます。伸びはぴったり1週間で止まるわけではなく、実際は切れるまで伸び続けるので、結局はどこで折り合いをつけるか、という好みの問題になりますので、「○日での交換が正しい」という正解はないかと思います。ちなみに身近な知り合いでは、400万のギターを弾いておられる方は1週間派、80万のギターを弾いておられる方は「気が向いたら」派です。ちなみに私は「発表会の前に交換派です。なお、ひなびた音が好まれるリュートの場合は、「切れるまで使う派」が主流です。張って1年くらいたったものが一番音が良いと言われます。弦は黙っていても劣化しますからね。複数本ギターを所有しているなら、よく弾く楽器は「定期的」に、たまに弾く楽器はその都度で判定して交換するのが良いかいと思います。bob*****さんの回答が弦交換のひとつの目安になるかと思いますが、カンティーガなんて1週間ぐらいで銀メッキが剥げてくるので自分の感覚を磨くしかないですね。弦の交換は「音が劣化した」と感じたときです。最近の質問で20年間,交換しないで同じクラシックギター弦を使っているが劣化を感じないという質問がありました。そう思えば交換しないでいいのです。きまりはありません。わたしは1か月程度で交換しています。交換すると音の響きがよくなるので交換してよかったといつも思います。手帳に交換した日をわかるようにしてください。試しに1か月後に交換してください。音のよさを感じるはずです。ギターを弾いて気持ちのよい音を出すために毎日練習しているのでしょう?すこしでもいい音を期待して高い楽器を買ったのでしょう?1000円か1500円程度の弦をケチるとそれだけで実は損をしていることになります。音にこだわらないなら今まで通りで良いと思いますよ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です