テクノロジー世界史 18世紀のイギリスにおいて動力源が蒸

テクノロジー世界史 18世紀のイギリスにおいて動力源が蒸。要求の面から言えば、ヨーロッパから見た「新世界」の開発には動力が必要。18世紀のイギリスにおいて、動力源が蒸気機関をメインとする産業革命が起こり、ヨーロッパや北米、そして日本が追従する形で発展し、続いて内燃機関、エレクトロニクス、核エネルギー、インター ネットなど、現代の科学文明へと繋がって行きますが、もしも18世紀のイギリスで産業革命が起きなかったとしたら、産業革命は他の地域で起こり得たのでしょうか
その場合、産業革命が起こったであろう可能性が高い地域と年代、その理由を教えて下さい
又、イギリス以外では起こらなかったとする場合も、同じく理由を教えて下さい 蒸気機関。蒸気機関は18世紀初頭にイギリスのニューコメンが発明し。1769年に
ワットが改良し。1780年代に工業生産にワットが蒸気力によるピストンの
上下運動を円運動に転換させることによって。紡績や織機の動力源。さらに
フルトン

10。世紀後半イギリスで始まった,機械生産の開始とそれにともなう産業?経済?
社会の変化を何と呼ぶか。 年にニューコメンの蒸気機関を
改良し,年には動力を回転運動に変えることに成功した人物は誰か。
フルトンテクノロジー世界史。世紀半ばから世紀にかけての産業革命は近代の幕開けとされ。世界史の節目
となる出来事です。一方で。木炭?水力に代わって。石炭が動力源になり工業
生産力が急速に拡大していった。しかし。木材の最大消費部門である鉄鋼業
において。石炭燃料の代替活用は困難を極めた。世紀を通じて。種々の試みが
なされたが石炭に燃料としての石炭は年。イギリスの発明家である
ジェームズ?ワットが蒸気機関の改良特許を獲得し。石炭が大量に使用される
ようになる。

18世紀末のイギリス鉱山業。耶子, 宮川淑訳『イギリス産業革命分析』社会思想社昭和年, ページ をと
おしてうまれ家庭において燃料転換が展開され,さらに世紀の製鉄業における
石炭燃料のる場合,燃料としての石炭,動力としての蒸気機関,石炭に溶鉱された
鉄とい機関が新しい動力源として鉱山業や不綿工場などに入りこみ,鉄工業では
構造鉱が~頭, ヒートンからわれわれはビッガースメイン炭鉱 &#;

要求の面から言えば、ヨーロッパから見た「新世界」の開発には動力が必要。イギリスで産業革命が起きた端緒は、植民地から流れ込んだ原料綿花からを製品綿織物に加工する必要性があったから。他、かなり時代が下るけれど、製品輸送のためには動力を使った輸送機構鉄道が必要。とくに平坦で広大なアメリカ大陸の開拓が進めばなおさら。大西洋航路の安定的な運行にも、帆船では心許なく、動力船があった方がいい。イギリスの場合は、インド植民地との綿原料と製品のやりとりがあったのが大きいわけだけれど。やはり広大な植民地を持っているところが要求が高い。イギリスで行われなければ、可能性が高いのは同じく北米植民地を持っていたフランスか、海外に広く植民地を経営していたオランダか。時期的にはイギリスからそうおくれるとは考えにくい。スペインの南米経営を見ればわかるけれど、人手があるから解決、というものでもないよ。奴隷が使えると言っても、奴隷だって最低限衣食住を整えてやらないとすぐに潰れてしまうし、そもそも商品である奴隷は購入するのに資金が必要になる。生産性が極端に低ければ採算がとれない。?大量の石炭が入手できること。?そして、人件費が高かったこと←コレ重要イギリスはもともと石炭に恵まれた島でした。毛織物産業の興盛によりロンドン市の人口は急激に増加します。14世紀半ば以降、イングランドでは百年戦争やペストの大流行により農奴が不足し、荘園が古典荘園から純粋荘園へ移行します。 そして百年戦争や薔薇戦争で貴族が没落し農奴が自立し独立自営農民ヨーマンが現れ、そのヨーマンの中から農地を牧羊地にする人間が現れますひつじのショーンの世界ですね。そして毛織物産業が興盛します。また、1666年9月のロンドン大火によりイギリス政府は、燃えやすい木造建築をロンドンに建てることを禁じます。石と煉瓦と煙突の家のイギリス風の建物がこの時代に確立されました。こうして、イギリスの家屋が近代風なものに置き換わっていきます。この大再建は、16世紀末から18世紀前半まで続きます。1570年に約23万トンだったイギリスの石炭生産量は、1700年には約299万トンに、1800年には約1505万トンに達します。当時、これに匹敵する大規模な石炭産業はベルギー南部だけで、それでも1800年頃の生産量は年間約200万トン、イギリスの13%にすぎませんでした生産量が増えれば、値段も下がります。こうして産業革命前夜の18世紀には、イギリスでは安価な石炭と高い人件費という状況が出現したのです。最初の蒸気機関は鉱山の坑道の中に染み出る地下水を汲み上げる装置でした。「必要は発明の母」なのです。また、「高速で移動する必要がある社会」というのは発明された蒸気機関の後々の転用です。まず、発明するのには安い燃料と高い人件費が必要なのです。こうして揚水用に発明された蒸気機関は鉄道にも転用され、アメリカで興盛しますが、その後、車社会と規格化がおとずれます。高精度の工具の発展が他の機械で使う精密部品の規格化を進め、それがさらに高度な工具の発明につながる、、、これを第二次産業革命と呼ぶ人もいます。そうですね、江戸時代の日本でも、度々頻発する大火に、幕府が「燃えやすい木造建築を江戸に建てることを禁じたり」、炭鉱開発を進めたり、海外から良質の鉄鉱石を輸入したりしていれば、日本でも産業革命は起きていたかもしれませんね。蒸気機関の強みって場所を選ばないことですねつまり水車や風車は自ずと場所と時間を選びます例えば川の流れの激しいところや絶えず一定方向に強い風が吹いているところ大抵はそういう場所は不便な土地が多いので、労働力の確保や製品の搬入搬出で苦労します蒸気機関の普及の結果、たとえば人口の多い都市部や港湾などの近くに工場を作れるようになりましたよく宋代の中国などが挙げられますね当時の鉄の生産量を見ると産業革命以前の全ヨーロッパより多いとすらいわれますたとえばイギリスで18世紀中頃に登場した反射炉はすでに12世紀にはあったといわれますそもそも石炭の活用や3大発明もこの頃です「なぜ中国で産業革命が起きなかったのか?」というのが大きな疑問でもあったりします確かに政府の統制が強く民間資本の発展が抑制されがち、とはいわれます自由主義と私有財産保護は資本主義発展の要ですから宋代というのは、中国の歴史の中でおそらくですが政府の規制が一番緩やかな時期でもありました蒸気が大きな力を出すことには、世界中の地域で気付いていた強い火力を短時間で出して長くもたせることができるものとして、石炭や石油があることにも、あちこちでは気付いていた。大事なのは、強い火力を生み出すものが手近にあり確保しやすいこと、蒸気をいかに自由にコントロールする方法を思いつけれるか、それを使い、作業や製造を効率良くしたいという要望があることどうでしょ?イギリスだけでなく、ヨーロッパならどこで産業革命は起きても不思議ではなかったかも自然の蒸気や温泉の豊富なアイスランドなんかは、ひょっとしたら、すでに蒸気を利用した作業や製造の効率化をしていたのでわそれを見たイギリス人が人工的に蒸気を生み出しコントロールすることを考えついたのかも…そう考えると、東アジアとくに日本の江戸時代なら、産業革命起こし得たかも…あと、ニュージーランドとか南米とか北アメリカ西海岸とか…もしかしたら、インカやアステカは、遥か昔には産業革命みたいなことに成功してかもね

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です