カトリックは カトリックは 正教?プロテスタント諸派?モ

カトリックは カトリックは 正教?プロテスタント諸派?モ。>カトリックは正教?プロテスタント諸派?モルモン?エホバの証人、をキリスト教と見なしていますか。カトリックは
正教?プロテスタント諸派?モルモン?エホバの証人、を
キリスト教と見なしていますか ノーコメントですか 正教は
カトリック?プロテスタント諸派?モルモン?エホバの証人、を
キリスト教と見なしていますか ノーコメントですか
(プロテスタントについても聞きたいのですが諸派あるので
もし回答いただけるのなら教えて下さい)モルモンはクリスチャンでしょうか。末日聖徒イエス?キリスト教会は伝統的なキリスト教の歴史的な系統をたどっ
ていません。つまり,末日聖徒はローマカトリック教会,東方正教会,あるいは
プロテスタントでもありません。 末日聖徒は聖文が聖書だけで宗教科にみる「他者」表象。カトリック。プロテスタント。ユダヤ教。ギリシア正教。公言している。改革
派やメソジスト派などのプロテスタント諸派団体があり。それらの教点は。他
の年代に見られない特徴となっている。 年代の指導要領においては。「エホ
る内容が。「モルモン教。エホバの証人。新使徒教会。救世軍」などの「

カトリックとプロテスタントの違い。キリスト教を大きく分けると。「カトリック教会旧教」?「プロテスタント
新教」。そして「正教会」の三つに分類することが出来る。カトリック
にとっては長いキリシタン禁制の歴史を乗り越えて。現存する最初のカトリック
教会国宝。大浦天主堂があり。日本キリスト教史の第二の暗黒時代となっ
たのは。第二次世界大戦中。国の宗教政策の中で。プロテスタント諸派が日本
基督教団にカトリックは。

>カトリックは正教?プロテスタント諸派?モルモン?エホバの証人、をキリスト教と見なしていますか。コンスタンチノープル現在はイスタンブールとローマでは相互破門を解いてから半世紀が経ってるので折々一緒に祈ったりもしてますが、旧東ローマ帝国の首都のトルコ、現在ではクリスチャンが取るに足らない人数になっていますのでモスクワやアテネ、ルーマニア、????と比べられたら主教のその国での影響力は微々たるものでしょう。現実には、イタリアですが、東欧からの清教徒の移住者がカトリックのミサに来て聖体拝領をしてるのは珍しくありませんし、ロシア正教の司祭、信者のためにカトリック側から聖堂を貸与したり。正教の場合、どの国の正教か、または同じ国の正教でもどの司祭かによってカトリック信者に対する取り扱いがまちまちです。プロテスタントについては節度を保って悪口、誹謗などはしていませんけど教義の違いなどは教えていると思います。カトリックは、正教会も一部を除くプロテスタント諸派も、キリスト教と認めています。カトリックの信徒は、近くにカトリックの教会がない場合、向こうが拒否しないのなら、正教会、英国聖公会のミサにあずかることを認められています。また、プロテスタントの教会で洗礼を受けた信徒がカトリックへの改宗を希望した場合は、基本的にその洗礼を有効として、新たに洗礼を授けることはしません。その場合は改宗式が行われます。私の所属する教会で、ミサ中にプロテスタントの元信徒の改宗式が行われたことが一度あります。その再洗礼が行われるのは、改宗前の教会で受けた洗礼が無効とみなされた場合のみです。エホバの証人については、独自の聖書解釈をしていることから、モルモン教については、聖書以外の書物を聖書と並ぶ聖典としていることから、統一教会については、文鮮明という人物をメシアとしていること一点だけをとっても、キリスト教ではないとしています。正教は、カトリックさんの洗礼が全く無効だとは考えていないが、正教に来るためにはそれなりの儀式なんていいましたっけ???昔見たことなので忘れてしまいました。ごめんなさい。をする必要があったと思います。プロテスタントそのほかの洗礼は洗礼としては認めていないはずです。ただ、ギリシャ人はプロテスタントについてはそれなりに評価しているようです。というのは、ギリシャ、つまりオスマン帝国に滅ぼされる前の東ローマの帝国が滅んだのは、実質的にはイスラムによるものではなく、第4回十字軍による打撃が大きすぎたからでした。そのおかげで彼らは数百年間にわたる隷属の期間を経験しました。彼らはカトリックはキリスト教として認めてはいるものの、激しい嫌悪感を持っています。そのカトリックに歯向かったプロテスタントは立派だというわけです。また、自分はカトリックのご一団の旅行でご一緒したことがあるのですが、その時に司教さんから、あなたはカトリックのミサでご聖体を受けてもいいのではないか、と言われました。だからカトリックさん側からは認められているということかもしれません。自分はそのときは、自分の従ってるところがいいと言わないなら、カトリックさんのほうから進められてもどうかと思うと言ってお断りしました。多分当時カトリックさんがそうおっしゃったのは、コンスタンチノープル総主教とローマ法王が和解したということだったと思うのですが、正教はややこしいことに、モスクワに総主教がいて、日本の母教会はそちらのほうなのです。あと、一般的にキリスト教とみなすか、という点ですが、当時の司祭さんがこういうことを仰ったことがありました。つまり、文鮮明、ムーニズムは、要するにキリストが失敗したから文さんがやってきて救いの業をやっている的なことを言っている。そのキリストが最終的な救世主だ、ということを認められないなら、キリスト教と言うことはできないのではないか、ということでした。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です