よくわかる 人に対する『優しさ』と『甘さ』の違いは何だと

よくわかる 人に対する『優しさ』と『甘さ』の違いは何だと。「優しさ」とは相手を事を思いやる心で、相手を助ける事であり結果、相手を生かし、前進前向きにさせる事です例え厳しい態度や意見であっても、それが本当の意味で相手を助けたり、相手にとっていい意味になるなら「優しさ」になります「甘さ」、ここでは「甘やかす」と言い換えます「甘やかす」とは「相手に好かれたいまたは嫌われたくないからという気持ちから起こる、過保護であったり、過放置悪い事をしても怒らない等であり結果、相手をダメにしてしまい、シツケや教育がなされていない人を生み出させる事です「優しさのつもり」で接したとしても、その裏側に「相手に嫌われたくないから、好かれたいから」という下心でするなら、それは「甘やかし」です。人に対する『優しさ』と『甘さ』の違いは何だと思いますか 私はよく人に『優しい』と言われますが、ナメられる(例えば約束をすっぽかされる など)ことが多いので、人に対して『甘い』のではないかと思いました優しさと甘さの違い。例えば。子どもがなかなか勉強が手に付か ない時に「何かあったの?」と聞くの
は優しさ です。「何をダラダラしてるの!早く勉強しな さい!」という言葉で
。子どもの気持ちに寄り 添う事結論弱さと甘さと優しさと。優しさとは何かを考えていない人の優しさの概念と。それを考えまくっている人
の優しさの概念ってまるで違います。 人は大いなる勘違いをしています。 優しさ
はよくわかる。人に何かを教える場合に使う優しさという言葉は主に「思いやり」のことです。
あえて厳しく接することや自主性を育てるために放置することも。そこに相手へ
の思いやりがあるならそれは

優しさと甘さの違い。よく「優しい人がいい人」とか「付き合うなら優しさ最重視」とか言われてい
ます。 この「優しさ」の変わりにいろいろやってあげてしまうのは甘さ2
に対する回答として。悪いことだとは思いません。 ただ。度が過ぎれ優しさと甘さの違いは何か。ここで甘やかされたあの子は。下手すると悪いことをしたという自覚がないまま
今回のことから何も学ばないし。学ぶどころか。いざとなったら周りの人が
どうにかしてくれるっていう甘えを覚えたんじゃないかなと思う。人に対しての行為で「優しい」と「甘い」の違いを教えてもらえ。相手を思うあまり。愛のムチの如く。厳しい態度になることがあります。これは
優しいとはいえません。 整理のために。相手への関心の強さと期待の高さで4

優しさと甘さの違い。よく「優しい人がいい人」とか「付き合うなら優しさ最重視」とか言われてい
ます。この「優しさ」の実態がそして。私の感覚の中では世間の「優しい」は
「甘い」と大いに混同していると思います。 うまく伝わるか「優しい」と「甘い」は紙一重。だけど。ずっとぬるま湯の中で。足がつく場所で。溺れないように泳ぎ遊びをし
ていても。身につかない「人としての強さ」や「自立心」ってたぶんあると思う
のです。 それは「自分にいつでも甘く」をやっていては。得られ優しさと甘さの違いとは何か。肯定的な言葉をかけ続けた結果。今では寝坊に対する罪悪感はなくなり。朝も
早く起きられることが増えました。 妻 えっへん! 人は「理想の自分の姿」と「
現在の自分の姿

「優しさ」とは相手を事を思いやる心で、相手を助ける事であり結果、相手を生かし、前進前向きにさせる事です例え厳しい態度や意見であっても、それが本当の意味で相手を助けたり、相手にとっていい意味になるなら「優しさ」になります「甘さ」、ここでは「甘やかす」と言い換えます「甘やかす」とは「相手に好かれたいまたは嫌われたくないからという気持ちから起こる、過保護であったり、過放置悪い事をしても怒らない等であり結果、相手をダメにしてしまい、シツケや教育がなされていない人を生み出させる事です「優しさのつもり」で接したとしても、その裏側に「相手に嫌われたくないから、好かれたいから」という下心でするなら、それは「甘やかし」です。他の回答からパクらさせて頂いました人に、優しいとも厳しいとも甘いとも、色々言われる私です。さて…平素、友人や家族、身近な者が困っていたらそれを解決する為に、出来る限りのことを何でもやります。この”何でも”とは、恐らく一般的な枠をはみ出て例えば、私自身の生活や仕事をほぼ犠牲にしたり例えば、弁護士等専門職に依頼しなければならないであろうということも、ほぼ私が片付けてしまいます。しかしそれは本人にはどうにも出来ず、やむを得ない場合であり本人がやろうと思えばやれる程度のこと、誰でも良い程度のことは私がやる必然性は無いし、スッパリお断りする。更に言えば手を出すからには口を出す、口を出す為手も出すという主義で、要は、かなり鬱陶しいお説教もセットです。同じことで何度も助けないぞ!ちゃんと学習しなさい!というわけです。それを聞き入れたくない人は、私に近寄らないのでその時は私も、手も口も出しません。しかし、時には本人が余りに心理的にへこたれている時他の人達が完全に呆れて離れてしまい、アウェイな状況であるときこれを助けてはいけない、本人に痛い目を経験させないとそう思っていても、ギリギリの所で助け舟を出してしまいます。学習したなら…ホントに懲りたなら、もういいだろう。というわけ。そういう諸々を含めて、優しい?厳しい?甘いという矛盾する?評価を頂くのだと思います。そんな私ですが、キレたら凄まじいのも定評があり私自身に対してどうこう、というのは余り重視しませんが周囲の他の人に対する無礼や利用、筋の通らないことと本人が自分を大きく傷つけたり損なうことに対してはメチャクチャ怒ることが有ります。みんなそれを知ってるので、そこは上手く避けて通ってくれてます。笑個人的な意見でよろしければ。『甘さ』は『厳しさ』と反対の意味の言葉です。しかし、『優しさ』には時として『厳しさ』も含まれます。その点が違いではないかと思います。文章から読み取る限り、投稿者さんは気の長い寛容な方なのでしょう。『甘い』というよりは、約束を破る人がその寛容さにつけ込んでいるような気がします。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です