よくある質問 国民年金保険料の産前後免除について 対象者

よくある質問 国民年金保険料の産前後免除について 対象者。第1被保険者→第1号被保険者第3被保険者→第3号被保険者です。国民年金保険料の産前後免除について 対象者 :第1被保険者 対象期間:出産予定日または出産日が属する月の前月から4か月間 私は第1被保険者で、7月24日出産予定です 役所で手続きし、6~9月が免除されることになり後日通知書も届きました しかし、私は8月から第3被保険者に変わるので、実際に免除されるのは6~7月の2ヶ月間であってますか また、出産予定日が下旬なので、もしかしたら8月に産まれる可能性もあります もし8月に産まれた場合は7月のみ免除されて6月分の年金は払わなければいけないのでしょうか 産前産後期間の国民年金保険料免除制度/箕面市。また。産前産後期間として免除された期間については。保険料が支払われたもの
として老齢基礎年金の受給額に反映され対象となるかた 国民年金第号被保険
者で出産日が平成年月日以降のかた ※第号被保険者とは。日本国内にお

産前産後期間の国民年金保険料の免除制度について。注 出産とは。妊娠日か月以上の出産をいいます。死産。流産。
早産された方を含みます。 対象者 「国民年金第号被保険者」で産前産後期間の国民年金保険料が免除になります。※ 出産とは。妊娠日か月以上の出産をいいます。死産。流産。早産
された方を含みます。 対象者 「国民年金第号被保険国民年金保険料の産前後免除について。いずれかを含む。国民年金保険料の産前後免除について 対象者 第被保険国民年金保険料の産前産後期間の免除制度。※届出を行う期間について。すでに国民年金保険料免除?納付猶予。学生納付
特例が承認されている場合でも。届出が可能です。 .対象となる方 「国民年金
第号被保険者」で出産日が平成

更新。制度の概要 平成年4月から。次世代育成支援のため。国民年金第号被保険者
の産前産後期間の保険料が免除されます。平成年2月以降に出産した方が
対象 産前産後免除期間 免除期間は。出産予定日又は出産日が属する月の前月国民年金第1号被保険者産前産後期間の保険料免除制度平成31年4月。対象となる方 国民年金第号被保険者で。出産日が平成年月日以降の方 ※
出産とは妊娠日か月以上の出産をいい。死産。流産。早産。人工妊娠
中絶を含みます。よくある質問。この制度の対象となる国民年金第号被保険者は平成年月日以降に出産され
た方です。妊娠日以上で死産?流産された方も対象です。出産の日の
属する月の前月多胎妊娠の場合は月前から出産月の翌々月までの保険料納付

国民年金保険料。小平市に住民記録住民票がある方; 国民年金第号被保険者で出産日が平成
年月日以降の方付加保険料付加年金は免除の対象になりません納付
意思に基づくもののため。産前産後の免除に該当する期間について。他の
制度の期間と重複した場合。以下のとおり優先順位があります。 第

第1被保険者→第1号被保険者第3被保険者→第3号被保険者です。「実際に免除されるのは6~7月の2ヶ月間であってますか。」あってます。「もし8月に産まれた場合は7月のみ免除されて6月分の年金は払わなければいけないのでしょうか。」いいえ。もう届出が終わっている場合は、あくまでも出産予定日で決められます。実際の出産日は関係ありません。あなたの場合関係ないですが、出産後に届出する場合は出産日で決められます

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です